井戸端news

芸能ニュース全般をまとめたエンタメブログです。気になる話題をいろいろ取り上げ、毎日更新して行きます!(^^)!



    (出典 www.crank-in.net)


    浜辺美波  photo:上野留加(C)ORICON NewS inc.
     女優の浜辺美波が17日、自身のツイッターを更新。舞台あいさつで履いていたパンプスが、友人である声優・佐倉綾音と“色違い”だったことを興奮気味に明かした。

     互いに「みーちゃん」「あーちゃん」と呼び合う仲で、親友として知られる浜辺と佐倉。以前、佐倉が自身のラジオで浜辺とコストコに出かけたことや、佐倉の誕生日に“最速”でお祝いのテレビ電話がきたことなどを明かしている。

     この日、浜辺はゲスト声優として出演する『名探偵コナン 緋色の弾丸』の舞台あいさつに登壇。衣装について「今日は緋色の弾丸ということで赤のピストルのパンプス」と、ヒールにピストルのグリップ部分などをあしらったデザインの靴を写真とともに紹介していた。

     その後、改めてツイートした浜辺は「やばい!! あーちゃんこと佐倉綾音ちゃまと靴が色違いなんだけどーーー!! 運命かよーーー!!」と、同タイプで色違いのパンプスを履いた佐倉の写真を投稿。「ていうかこの写真のあーちゃん可愛すぎかよ!! やだすこ!! 本人から連絡きたのも相まってしあわせ!」と興奮冷めやらぬ様子で、相変わらずの“相思相愛”ぶりをうかがわせた。

     ファンからも「好きな二人が同じ靴を履いてて仲良しでかわいい。なにこれ神かよ。美波様、綾音様」「このお二方が仲が良いとか尊すぎて幸せです」と、はしゃいでいる浜辺にほっこりさせられたという声が相次いでいる。

    【写真】佐倉綾音との“靴色違い”ショットを投稿した浜辺美波

    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 pbs.twimg.com)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/b2ce8f3aabf56e1719b104329e585e9b33c22e5e


    【【女優】浜辺美波、親友・佐倉綾音と“靴が色違い”に大はしゃぎ「運命かよーーー!!」】の続きを読む


    「学校に行かない」少年ユーチューバー「ゆたぼん」に夜回り先生がエール「救われる子がたくさんいる」
    夜回り先生こと教育家の水谷修氏
    「少年革命家」を名乗る12歳のYouTuber「ゆたぼん」が小学校に続いて、4月に入学した中学校でも不登校を貫くと宣言した。義務教育を拒否する姿勢に対して、ネットの世界や著名人の間でも賛否両論が起きている。夜回り先生こと教育家の水谷修氏は「ゆたぼん君、ありがとう」とエールを送り、肯定的な立場から自身の見解をつづった。

    ◇    ◇    ◇

    You Tubeで活動しているゆたぼん君が、「中学校に登校しない」と宣言したことが、いろいろ物議をもたらしているようです。彼の不登校宣言について、彼と彼の父親を非難する意見が、ネット上をにぎわせています。この報道の中で、私は、いろいろ考えさせてもらいました。

    私は、高等学校の教員でしたから、その感覚で見れば、親が、「中学校に登校させない」は、犯罪です。日本の法律の下で、親は、義務教育を子どもに受けされる義務があり、子どもも教育を受ける義務があります。

    それでは、子どもが「学校には、登校できない」これはどうでしょうか。すでに、文部科学省は、不登校について、その子どもたちを無理に学校に通学させることはせず、また、学校に戻ることを強いることもせず、訪問教育や適応指導教室などの体制を設置し、その子どもたちの現況に応じた対応をするように指示しています。

    私は、これまで、子どもたちの不登校について、この二つの観点からしか見ていませんでした。多分、それは、学校も教育委員会も、文部科学省も、有識者と称される人たちも同様だったと思います。 

    そのような中で、「中学校に登校しない」と、中学1年生が発言する。衝撃です。それを、親が作り上げているなどと、誹謗中傷する意見も多々あります。とんでもないことです。確かに、親の影響は受けているでしょう。でも、彼は、彼の言葉できちんと語っています。すごいことです。

    これまで私には、不登校について、二つの観点しかありませんでした。一つは、「行かせない」。これは、犯罪です。二つ目は、「行けない」。これが、今までの不登校の中心的な考え方でした。そんな私に、三つ目の選択肢を示してくれました。「行かない」。自分の意思で、学校に行かない。

    ゆたぼん君、ありがとう。君の意思表示で救われる子どもたちがたくさんいます。自分は、単なる不登校「学校に行けない」のではなく、自分の意思で「学校に行かない」のだ。こう不登校の自分を見直すことで、救われる子どもたち、たくさんいます。

    人生は、長い。今、別に中学校の勉強を学校で学ばなくても、またいつでも学ぶことはできます。

    ゆたぼん君を批判している人たちにお願いです。止めましょう。こんな小さな子どもが、自分で必死で決めたことです。そっと何も語らず、彼のユーチューブも見ず、そっとしておいてあげましょう。そこから、きっと彼は、また次の人生を自分で考えて生きていきます。


    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/06d93ae59720c8c60510acc97dc8d4f824d2675e


    【【話題】「学校に行かない」少年ユーチューバー「ゆたぼん」に夜回り先生がエール「救われる子がたくさんいる」】の続きを読む



    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

     お笑いコンビ・ハリセンボンの近藤春菜(38)が予想だにしていなかった事態に慌てているという。

     この3月に「スッキリ」(日テレ系)を卒業した春菜だがソロとしての活動スケジュールはスカスカだというのだ。
    以前ならば休みは年に数日取れるか取れないかの超売れっ子だったが、気が付けば地上波のゴールデン&プライム帯のレギュラー番組は0本。
    テレビで春菜の姿を確実に拝めるのは“ハリセンボン”として出演する「幸せ!ボンビーガール」(日テレ系)と「ニンゲン観察バラエティ モニタリング」(TBS系)の2番組のみになってしまったのだ。
    その理由は想像に難くないという。芸能プロ関係者が声を潜めてこう話す。

    「吉本興業とマネジメント契約を解消し専属エージェント契約に切り替えたことと無関係ではないでしょう。吉本にとって、専属エージェントでの売り上げは1割ほどの利益しかありません。これではマネジャーの人件費すら厳しい状況で、積極的な売り込みなどの営業をしなくなるわけです」

     当初は、専属エージェントは自らが営業し仕事を取ってきた場合は、莫大な収入になるというメリットが想定されていた。しかし春菜はある大きな計算間違いに気が付かなかったというのだ。

    「やはり、人気は、吉本興業という看板があったからこそ成立していたということもあったのではないでしょうか」(放送作家)

     そして春菜にとってもうひとつ大きな番狂わせとなってしまったのが若手女芸人の台頭だ。

    「“3時のヒロイン”“ぼる塾”など、旬の若手がわんさか出てきているんです。こうした若手に対し、渡辺直美やゆりやんレトリィバァらは生き残りを懸け、必死になっているなか、春菜は『スッキリ』に出演していたせいで女芸人としての精進を怠った。厳しい言い方ですが、いまさらお笑い界に春菜の席はありません」(前出の放送作家)

     さらに、春菜を巡っては仕事の激減とともにこんな話も囁かれている。

    「春菜といえば芸人仲間よりも、女優やサッカー選手らとの“春菜会”などといわれる幅広い交流で有名だった。しかし、仕事の減少と共に潮が引くように皆、離れていったそうです」(事情通)

     春菜が再び表舞台に復帰するためには“ハリセンボン”としての話芸を磨くなど原点に戻るしか方法はなさそうだ。
    https://news.yahoo.co.jp/articles/6dc10510dace812f5369885b5ae8d3d3e9e59dbc

    4/19(月) 15:25 日刊ゲンダイDIGITAL


    【【芸能】近藤春菜、レギュラー“ゼロ”で大慌て…仕事激減には「2つの大誤算」が!!】の続きを読む

    このページのトップヘ