井戸端news

芸能ニュース全般をまとめたエンタメブログです。気になる話題をいろいろ取り上げ、毎日更新して行きます!(^^)!




    (出典 media-01.creema.net)

    https://news.livedoor.com/article/detail/19573147/

    新型コロナウイルスの感染拡大と共に、マスク警察や帰省警察をはじめ、SNSやメディアで「●●警察」と呼ばれる人々が登場した。
    いま再び「緊急事態宣言」が大都市圏を中心に発令されると、やはり「他人の行為が許せない」という人々の存在が増加の兆候を見せ始めている。

    ◆ニュースに影響された「ウレタンマスク警察」の恐怖

    「電車でつり革に掴まって立っていたところ、目の前に座っている初老の男性に突然『おい』と声を掛けられて……」

    東京都内に勤める事務員の太田佳奈さん(仮名・30代)は、その日もきちんとマスクを着用し、出勤するために電車に乗っていた。
    イヤホンで音楽を聴いていたため、男性が何を言っているのか理解できなかったが、「おい」は口の動きでわかったという。

    「変な人だと思い、無視しようと考えていましたが……次の瞬間、大きな声でお前のマスクは“ウレタン”だろう、ニュースを見ていないのか、
    と言われて。咄嗟の出来事で謝ってしまいましたが、頭が真っ白になり、次の駅で急いで下車しました」(太田さん)

    ◆まさか自分がターゲットになるとは…

    オシャレなデザインが多く、繰り返し洗って使えることから人気のウレタンマスクだが、太田さんがその後ネットで調べたところ、
    一部報道で、不織布マスクと比較して飛沫量を抑えられないと言われていることを知った。さまざまな施設で「不織布マスクの着用」
    が呼び掛けられているそうだが、太田さんはそんなこと全く知らなかった。

    「まさに、“ウレタンマスク警察”ですよ。それより気になったのは、男性は不織布マスクをしているようでしたが、
    鼻が出ているうえに至近距離で話しているので……。そっちの方が危険じゃないかと思いました」(同)

    マスクをしていないことを咎めるだけでなく、素材や種類についても他人に文句を言わなければ気が済まない人たちが現れたというわけだ。
    彼らの目は、マスクだけに向くものではない。

    ◆パン屋の行列を見て「ソーシャルディスタンスは2メートル!」と叫ぶ

    神奈川県在住の会社員・野間かおりさん(仮名・20代)の経験談。

    「美味しいパン屋があると聞き、お店に買いに行ったら行列ができていました。通路の足下にはステッカーが貼られており、
    ソーシャルディスタンスを保つように注意書きがありました。もちろんマスクを着用し、おしゃべりなどせず、そのステッカーの上に並んでいたんです」
    (野間さん)

    列に並んで数分後、野間さんの目の前に現れたのは、派手な格好をした60代前後と思しき女性。当初は「割り込みでは?」と思ったが、
    やや間隔が詰まっていたことに対して女性が怒鳴り声をあげたという。

    「並んでいた人たちに対して『ソーシャルディスタンスは2メートル!』。確かに、ソーシャルディスタンスは2メートル以上の間隔をあける、
    と言われていることもありますが……」(同)

    行列に並んでいた小学校低学年と思われる女の子と母親が、彼女の怒気によって押しのけられた。子供が泣き出すと、一目散に立ち去ったという。

    そもそもソーシャルディスタンスと呼ばれる距離は日本と海外でも異なり、その距離を保っているから100%安全というものでもない。
    ある意味、マスコミなどで流れる情報を何ひとつ考えることなく鵜呑みにして、それを人々に押し付けてまわる。

    自分には知識がある、無知な人間に教えてやるのだ、という上から目線のおごりが垣間見られるが、似たような例が他にも見つかった。

    ◆他人のアラ探しをしては「文句を言いたい」人

    「店頭に置いていた消毒剤について、40代くらいのとあるお客様が『効果がない』とか『撤去しろ』と騒がれました。
    私はワケもわからず謝ったのですが、その消毒剤はネットであまり評判がよくない商品だったみたいで……」

    こう話すのは、都内のスーパーで店長を務める持田和彦さん(仮名・40代)。その後、調べてみると、消毒剤についての評価は確かに割れていた。
    だが、持田さんが医師や専門家などに問い合わせてみたところ、効果がゼロではない、ということだった。

    ※以下、全文はソースで。


    (出典 image.news.livedoor.com)


    前スレ
    http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1611293618/
    1が建った時刻:2021/01/22(金) 10:54:18.00


    【【マス警】今度は「ウレタンマスク警察」登場!「お前のマスクはウレタンだろう。ニュース見てないのか!」と至近距離で怒鳴り声!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!】の続きを読む


    博多 華丸(はかた はなまる 1970年4月8日 - )は日本のお笑いタレント。福岡県福岡市早良区出身。本名は岡崎 光輝(おかざき みつてる)。お笑いコンビ博多華丸・大吉のボケ担当。相方は博多大吉。吉本興業所属。R-1ぐらんぷり2006優勝。福岡吉本での活動を経て、2005年から東京吉本へ移動。




    (出典 myfavoritetopics.net)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/87d14f590395979fb02ec012ac50d412b7358ac0

    西郷隆盛役に博多華丸! NHK大河「青天を衝け」の新キャスト発表


     俳優・吉沢亮主演の2021年NHK大河ドラマ「青天を衝け」(2月14日スタート)の新キャストが26日、発表された。お笑いコンビ「博多華丸・大吉」の博多華丸(50)が西郷隆盛を演じる。
    第十四代将軍・徳川家茂を磯村勇斗、家持ちの正室・和宮を深川麻衣、島津久光を池田成志、大久保利通を石丸幹二、武具商・梅田慎之介を渡辺徹が演じることも発表された。また、歌舞伎俳優の尾上右近も孝明天皇役で出演する。

     福岡出身の華丸は、重要な役への抜てきに「今思えば祖母の家に祖母が書いたであろう『敬天愛人』の額が飾ってありました。『何て読むと~?』と無邪気に聞いたときいろいろ説明してくれた記憶があります。九州人として畏れ多い大役ですが天国のばあちゃんに喜んでもらえるよう頑張ります」とコメント。西郷隆盛が好んだという言葉と、祖母との思い出を披露して意気込んだ。

     この日発表された西郷の役柄説明では、「(島津)久光が目指す公武合体実現のため、流罪を放免されて藩政に復帰。大坂にある薩摩藩士・折田要蔵(徳井優)の塾に、一橋家の命で偵察に来ていた(渋沢)栄一(吉沢亮)と出会う。周りの薩摩藩士たちは栄一に不信の目を向けていたが、西郷は共に豚鍋をつつきながら栄一を見定めようとする」となっている。


    【【芸能】西郷隆盛役に博多華丸! NHK大河「青天を衝け」の新キャスト発表 !!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!】の続きを読む


    朝日 奈央(あさひ なお、1994年4月21日 - )は、日本の女性マルチタレント、バラエティーアイドル、ファッションモデル。埼玉県入間市出身、東京都羽村市育ち。ライジングプロダクション所属。 元「アイドリング!!!」のメンバー。 保育園児の頃からモデルに憧れ、小学3年生から愛読していたファッション誌『ラブベリー』(徳間書店)の2007年度専属モデルオーディションに応募[5]。特別賞を受賞し、同年6月号から専属モデルになる。ヴィジョンファクトリー(現・ライジングプロダクション)に所属。




    (出典 www.rising-pro.jp)

    https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/2101/25/news150.html

    タレントの朝日奈央さんが1月25日、自身のInstagramを更新。小鼻の横にあったホクロを除去したことを報告しました。
    「ずーーーっととりたかったホクロをとりましたー!」とホクロの除去を告白。投稿に添えた動画は、目をしばたたかせながら天にも昇る気持ちかのようなニッコニコの自撮りで、ホクロがなくなったことがはっきりと分かります。
    はた目にはチャームポイントのように思えた朝日さんのホクロですが、本人いわくコンプレックスの1つだったもよう。「チャームポイントは自分で決めたい」という考えから除去を決めたとして、現在はハッピーな気持ちだとつづりました。

    Instagramのストーリーズでもファンからの質問に答える形でほくろ除去について言及しており、自分の気持ちを一番大切にして施術に踏み切ったことを明かした他、朝日さんに背中を押されホクロを除去する気になったという声に喜んでおり、「同じ悩みを持った方が色々とメッセージをくれて嬉しかったです!」と心境をつづっています。

    動画
    https://www.instagram.com/p/CKdrwZ-H1SV/


    (出典 image.itmedia.co.jp)


    除去前

    (出典 image.itmedia.co.jp)


    【【芸能】朝日奈央、小鼻の横のホクロ除去を告白「コンプレックスがなくなってハッピー」!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!】の続きを読む

    このページのトップヘ