井戸端news

芸能ニュース全般をまとめたエンタメブログです。気になる話題をいろいろ取り上げ、毎日更新して行きます!(^^)!



    (出典 cdn.car-moby.jp)



    1 jinjin ★ :2021/04/18(日) 15:37:30.14 ID:CAP_USER9.net

    宮迫もビビる!?月収1000万円
    「YouTubeブレイクNo.1芸人」は「暴走族総長」!


    俳優の佐藤健(32)、女優の川口春奈(26)をはじめ、多くの芸能人がYouTubeに進出した2020年。
    中でも、チャンネル登録者数が233万人まで伸びている(4月14日時点=以下同)江頭2:50(55)、チャンネル登録者数159万人を抱えるとんねるずの石橋貴明(59)と芸人勢がYouTubeの世界で輝いた。


    「芸人YouTuberの中でも、昨年1月にチャンネル『宮迫ですッ!【宮迫博之】』を開設した雨上がり決死隊の宮迫博之さん(51)は大躍進を遂げました。

    宮迫さんは、チャンネルを開設して早々の2020年1月30日から人気YouTuberのヒカルさん(29)、2月に入るとYouTubeで人気を集めていた音楽グループ・レペゼン地球とコラボを敢行。チャンネルの人気はどんどん高まっていって、現在、登録者数は140万人をほこっています」(WEB編集者)

    YouTuberとして絶好調の宮迫だが、
    「実は、真の“芸人ブレイクYouTuber”No.1は宮迫さんではなく、バッドボーイズの佐田正樹さん(42)だという声が聞こえてきます。


    宮迫さんは『アメトーーク!』(テレビ朝日系)など多くのレギュラー番組を持っていた一流のスター。2019年6月に発覚した闇営業騒動さえなければ、今でも一線で活躍していたはずです。一方の佐田さんは、テレビでは売れっ子とは言えないですが、YouTubeで今、凄まじい勢いなんです」(お笑いプロ関係者)


    総長系YouTuberが爆走中!

    バッドボーイズは、佐田と大溝清人(42)が1997年に結成。
    2人とも福岡県で暴走族に参加し、佐田に至っては総長まで務めた経験がある、異色のお笑いコンビだ。


    佐田は、昨年2月にYouTubeチャンネル『SATAbuilder's』を開設し、“総長系YouTuber”として、経歴を活かした活動を展開している。

    「佐田さんは暴走族出身なので、バイクや車に明るく、昨年3月28日の動画『旧車用タイヤに履き替え』では、愛車の日産・ローレルのタイヤ交換を、7月24日の動画『ガリュー全塗装で愛着しか湧かんもんね』では、元々白だった光岡自動車のガリューを黒に塗装し直して、ヴィンテージ風の加工を施しました。9月4日に公開した『破天荒な俺の青春スペシャル』では、ヤマハ・XJ400Dの配線をつなぐ作業などを行い、再びエンジンをかけることに成功しています。

    また、車やバイクをいじる以外にも、315万回の再生を記録した昨年2月28日の『【悲報】*ケツローレルがまさかの…』では、コインパーキングで亀の子状態になってしまったローレルの救出に挑戦。10月15日の動画『総長直伝アクセルミュージック』では、暴走族の総長だった経験を生かしてかバイクのアクセルで奏でるメロディについて語っています。

    こうした、ヤンチャな男心をくすぐる佐田さんのYouTubeチャンネルは、登録者数は53.7万人で100万人には遠く及ばないものの、動画の再生回数は50万回以上を記録することが多く、100万回動画超えも珍しくない、大人気チャンネルになっています」(前出のお笑いプロ関係者)

    コロナが落ち着けばまたイベントでの活動も活発になるでしょうし、チャンネルの人気が高まれば、さらなるグッズ展開もあるかもしれません。テレビではあまり見ない佐田さんですが、これだけ得意のDIYやYouTubeに関連した活動が豊富だと、無理に地上波での活動にこだわる必要がないようにも思えますよね」(前同)


    YouTube界で快進撃を続ける宮迫をも凌ぐ成り上がりぶりを見せている佐田。お笑い芸人で、元暴走族の総長という独自のカラーで、今後もYouTube街道を“走死走愛”爆走してくれそうだ!

    https://taishu.jp/articles/-/93697?page=1


    バッドボーイズ佐田正樹YouTubeチャンネル
    https://youtube.com/channel/UCXw-7zNPhqafIR0o-vqXX3w


    【【YouTube】月収1000万円「YouTubeブレイクNo.1芸人」はバッドボーイズ佐田!登録者数53万人も再生数は常時50〜100万回】の続きを読む



    (出典 true-bow.com)



    1 jinjin ★ :2021/04/18(日) 22:43:06.35 ID:CAP_USER9.net

    室井佑月と結婚式 元新潟県知事の米山隆一氏おのろけ「美人ですよね」


    前新潟県知事米山隆一氏(53)が18日、自身のツイッターを更新し、昨年5月に結婚した作家の室井佑月さん(51)と新潟県長岡市の青柴神社で結婚式を行ったことを報告した。


    和装の2ショット写真などをアップし、
    「本日新潟県長岡市の青柴神社で、妻室井佑月との結婚式を執り行いました。小雨の降る天気でしたが時折晴れ間も見え、無事式を終える事ができました。支えて下さった全ての方々に心から感謝致します。これから二人で力を合わせて歩んでまいりますので、ご指導・ご鞭撻の程をどうぞ宜しくお願い致します」とつづった。


    続けて室井の写真をアップし「写真です。私が言うのも何ですが、美人ですよね(笑)。改めてどうぞ宜しくお願いいたします」とのろけた。


    https://news.yahoo.co.jp/articles/154d983254284e0852fa65f2f1fd275f20b8d5fc

    (出典 i.imgur.com)


    【【芸能】室井佑月と元新潟県知事の米山隆一氏が結婚式 和装の2ショット写真を公開】の続きを読む



    (出典 grapee.jp)



    1 muffin ★ :2021/04/18(日) 16:49:28.88 ID:CAP_USER9.net

    https://taishu.jp/articles/-/93774?page=1

    4月13日放送の『マツコの知らない世界』(TBS系)に、さかなクン(45)が6年ぶりに登場、その進化ぶりにマツコ・デラックス(48)が驚いていた。マツコはさかなクンとの久しぶりの再会を前に、「あれから6年経ったのよ。心からさかな“クン”って言えるかな、アタシ」「6年の歳月は、案外残酷だったりするからね」と、しみじみ語った。

     しかし、スタジオに現れたさかなクンは、「ギョギョ!」「お久しぶりでギョざいます!」と以前と変わらぬハイテンションでマツコの心配を吹き飛ばし、「さかなクンだった!」「よかったぁ~」「さかなクン“さん”って言わないとね!」「アグネス・チャンさんみたいなもんよね」とマツコを喜ばせた。

     以前と変わらぬさかなクンではあったのもの、この6年間で驚くべき進化があったといい、さかなクンは前回収録の1か月後には東京海洋大学名誉博士に就任したと報告。マツコは「すごいわよねぇ。簡単に言ってるけど、国立大学の研究所に出入りしてんだからね」「それはただの純粋では許されませんよ」「これはさかなクンにもさかなサンの一面があるってことよ」と感心し、さかなクンを慌てさせた。

     またさかなクンが、画家デビューや、外務省から「海とさかなの親善大使」に任命されたと明*と、マツコは「外務省……」と絶句。これまでさかなクンは、農林水産省の「お魚大使」、環境省のアンバサダー、文部科学省の日本ユネスコ国内委員会広報大使なども務めており、マツコは「農水省とって、文科省とって、外務省までとったのよ」「さかな様よ、もう」と大絶賛した。

    その後、さかなクンはマツコに「ギョ紹介」「ギョ用意」など、さかなクン語を駆使して東京湾でとれる魚についてプレゼン。東京湾でもとれ、日本の食卓で親しまれている「ホンビノス貝」が北米からやってきたことを説明し、「もともとギョ地元ではクラムチャウダーとかで」と言いかけると、マツコは「ギョ地元」にひっかかったようで、「え? もう一回言ってください」「ギョ地元……?」と確認。

     さかなクンが「あ、ギョ地元、アメリカ」と言いなおすと、マツコは「地元ですよね。たぶんご地元の“ご”が“ギョ”になったんだろうけど、もはやその間に2回ぐらい別のこと考えないとたどりつかないわよ」「6年目にしてね、6年前を超えたわよ」と、さかなクン語の進化も指摘。マツコは「今日寝る前絶対ギョ地元思い出す。“さかなクン、ギョ地元って言ってたなあ”って」と感慨深げに語った。

     さかなクンの進化とマツコとののやり取りに、視聴者は「さかなクンめちゃくちゃ偉い人になってたんやな」「さかなクン有能すぎる。さかな様!」「さかなクンってずっとさかなクンですごい」「ギョ語録が年々すごみを増してる」「やっぱりさかなクン最高」「さかなクンさんは見てるだけで心がデトックスできる」と、盛り上がっていた。

     番組では詳しく触れられなかったが、さかなクンは昨年6月1日にYouTubeに「さかなクンちゃんねる -FISH BOY- Sakana-kun」を開設。魚にまつわる動画や、お題にそったイラストを描く動画などを投稿。

     フォロワーは23万人超えの人気で、昨年10月には小島よしお(40)と真剣トークを繰り広げたり、今年1には大人気サカナクションの山口一郎(40)と夜釣りを楽しむコラボ動画なども公開し、ファンを喜ばせた。さかな様ならぬ、さかなクンの進化はまだまだ止まらない!


    (出典 taishu.jp)


    【【芸能】さかなクン(45)マツコも驚く6年進化!!「農水・文科・環境・外務省」制覇する】の続きを読む

    このページのトップヘ