井戸端news

芸能ニュース全般をまとめたエンタメブログです。気になる話題をいろいろ取り上げ、毎日更新して行きます!(^^)!


    鳥居 みゆき(とりい みゆき、1981年3月18日 - )は、日本のお笑いタレント、女優、映像作家、小説家、絵本作家。2013年より劇団『東京ギロティン倶楽部』の看板女優としても活動。秋田県出身で、埼玉県育ち。S&D Studioに所属後、業務提携先のサンミュージックプロダクションへ移籍。 姉の紹介でお笑い芸人として「S&D Studioに所属後、業務提携先のサンミュージックプロダクションへ移籍。



    (出典 eiga.k-img.com)


    鳥居みゆき、20代の写真を公開「妖艶の美しさ」「モテモテだろうな」
     
    https://hochi.news/articles/20201106-OHT1T50188.html?mode=photo&photoid=1
    鳥居みゆきのインスタグラム(@toriimiyukitorii)より

    (出典 hochi.news)

     お笑いタレントの鳥居みゆき(39)が6日に自身のインスタグラムを更新し、11年前の写真をアップした。

     「今日の仕事場でのカメラマンさんがなんと、偶然11年前にも一度お世話になった方だったことがわかりまして、当時の写真くれました」と、09年当時の姿を公開。窓際の椅子に座って遠くを見つめるオシャレな一枚で、「ちょい初々しく緊張してる顔してますね」と懐かしんだ。

     20代の当時から整った顔立ちに、フォロワーからは「やっぱり美人」「妖艶の美しさ」「モテモテだろうな」などの声が寄せられた。


    【【衝撃】#鳥居みゆき 、20代の写真を公開「妖艶の美しさ」!!!!!!!!!!!】の続きを読む


    少年時代には平泳ぎが得意で、中学生の時の全校水泳大会の自由形では他の選手が全員クロールの中、加藤だけが平泳ぎであったのにもかかわらず1着になったというエピソードがある。高校を入学するが中退する。過去にテレビ探偵団で加藤茶が「通っていた高校を中退した」と、公の場で公言した。高校中退後、叔母を頼って上京する。



    (出典 img.jisin.jp)

    新型コロナウイルスに翻弄(ほんろう)されているイレギュラーな2020年。何かと暗いニュースも多くて気が滅入りそうだけど、芸能人の結婚、出産といったおめでたい話題は、一服の清涼剤として素直に祝福したい。

     今年もいろいろな芸能人が結婚しているけど、気になるのは年の差婚が珍しくなくなってきていること。

     9月には元女子サッカー日本代表でタレントの丸山桂里奈(37)が、サッカー解説者・指導者の本並健治(56)と結婚。最近でも、ナインティナインの岡村隆史(50)が、30代の一般女性との結婚を発表──。超がつくほどの年の差婚が多いのだ。

    年の差婚にはパターンがある
     かつて、小柳ルミ子が13歳年下の大澄賢也と結婚した際には、「年下夫を捕まえて何をやっているんだ、けしからん!」といった風潮があったけれど、最近は13歳差程度では何の驚きも感じなくなってきているから、時代の流れを感じずにはいられない。

     実際、年の差婚カップルを表(関連写真リンクを参照)にまとめてみると、10歳程度は当たり前。驚くことに、15歳以上の年の差婚は、芸人、俳優、ミュージシャン、アナウンサー、アイドルと多岐にわたるように、今や芸能人の超・年の差婚は“ニューノーマル”と言えそうだ。

    「若い奥さんと結婚するという“トロフィーワイフ”的な年の差婚もあるだろうが、いくつかのパターンに分かれる傾向がある」

     と、語るのは芸能ジャーナリストの渡邉裕二さん。例えば、20歳以上年が離れているケースは、終活を意識した結婚的要素が高いと指摘する。

    「加藤茶、ラサール石井、仲本工事、三田村邦彦、市村正親などはすべて再婚。年が離れていれば、自分が老いたとしてもパートナーはまだまだ若い。介護の可能性を考えれば、年齢が近い老夫婦よりも選択肢が広がる」(渡邉さん)

     たしかに、加藤茶の妻・綾菜は、介護職として働くうえで基本となる知識・技術を習得する「ヘルパー1級」に合格するなど、45歳差だからこその夫婦のカタチを発揮している。

    「今年2月に18歳年下の女性と再婚したビートたけしは、著書の中で『朝起きりゃ、寝たまんまパンツをはかせてくれて“はい、いってらっしゃい”みたいな感じ』と綴(つづ)っているほど。妻というよりも面倒を見てくれる人という関係性。だからなのか、年齢差が激しい年の差婚には、生活感が漂ってこない……現実感がない(苦笑)」(渡邉さん)

     男性が終活を意識しているとしたら、安定を得るかわりに女性は就職ならぬ“終職”と割り切って籍を入れているのかも。

    「年を重ねると男性は自信がなくなって不安になってくる。対して、女性は自立できる強さがある」と渡邉さんが話すように、男性は加齢により男性ホルモン量が減少し、女性ホルモン量が増加していく。女性はその逆だ。

    「野村克也さんや内田裕也さんは、最愛の奥さんの後を追うように亡くなってしまった。奥さんが先に亡くなる──、年の差があればその不安を和らげることができる。TOKIOの城島茂も、いろいろ考えた結果、“この人なら”と思って決断したのではないか」(渡邉さん)

    全文はソース元で
    https://news.yahoo.co.jp/articles/e2b6873235850ae3333b82926b4103d61b02d7b2

    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)


    【【話題】加藤茶・綾菜は45歳、 いま、芸能人に“年の差婚”が多いワケ !!!!!!!!!!!】の続きを読む


    佐々木 (ささき のぞみ、1988年〈昭和63年〉2月8日 - )は、日本の女優、ファッションモデル。旧姓同じ。本名は渡部 (わたべ のぞみ)。 秋田県秋田市出身。トップコート所属。夫はアンジャッシュの渡部建。 2005年、秋田フォーラス(現:秋田オーパ)に出店していたショップ「流行屋」の店員として勤務していたところ、集英社の『週刊ヤングジャンプ』の全国縦断素人美少女発見グラビアのスタッフが偶然見かけ、同店の了承を得て写真撮影がなされた。



    (出典 ascii.jp)

     10月28日、日本医師会のイベントに姿を見せた佐々木希。彼女が公の場に姿を見せたのは、あの事件─今年6月に夫であるアンジャッシュ・渡部建が引き起こした前代未聞の“多目的トイレ不倫”騒動以来、初めてのこと。

     イベントでは終始笑顔で、

    「私も小さい子どもがいるんですけれど、本当に(子どもの)体調もコロコロ変わったりとか不安なこともたくさんあって……」

     と、9月に2歳になったばかりの愛息エピソードも披露するサービスっぷり。これまで以上に、仕事には全力投球中のよう。

    「騒動が明るみになっても、番組収録や雑誌の撮影を1度も休まなかったそうですし、日本テレビ系の『24時間テレビ』では、『笑点』の大喜利コーナーにゲスト出演してテツ&トモとネタをやって。トップモデルですから、それだけでも十分、大サービスなのに“変顔”まで披露していましたからね。見てるこっちのほうが“そこまで頑張らなくてもいいよ!”とヒヤヒヤしたくらいです(苦笑)」(スポーツ紙記者)

     一方、夫の復帰への道筋はいまだ見えない。

    「そろそろ5か月がたちますが、渡部さんはずっと活動自粛で無職状態が続いています。つい先日も、相方の児嶋一哉さんと久しぶりに会って復帰に向けた話し合いをしたそうなんですが、結局、何も決まらず“ただ近況を報告し合っただけ”で終わったそうです*」(前出・記者)

     その間にも、業界内では“渡部抜き”が進行している。

    「レギュラー出演していた番組は、児嶋さんや同じ事務所の芸人たちが渡部さんの“穴”を埋めるべく代役出演をしていましたけど、今はもう、ほかのタレントが代役ではなくレギュラー起用されています。渡部さんが8年近くMCを務めていたラジオ番組もこの秋で打ち切りになっちゃいましたし。仮に早めに復帰できたとしても、すでに居場所が……。だからこそ、希ちゃんも必*んだと思います。“私が仕事を頑張らなきゃ”って」(テレビ局関係者)

     そんな肝っ玉ママの“デート”タイムを週刊女性が目撃したのは、10月中旬のこと。雨続きの中、つかの間の晴れ間に愛息とお散歩へ。

    「道の端っこに腰かけて、息子さんと“おやつごっこ”して遊んでいて。息子さんが差し出した“エアおやつ”を希ちゃんが“あーん もぐもぐ……”ってしたりして、すごく楽しそうでした。ただ、しばらくそうしていたんですが、パパは全然見当たらなかったですね」(近所の住民)

     やっぱりここでも“渡部抜き”が進行中なの!?

    週刊女性

    https://news.yahoo.co.jp/articles/3ee36e82a1314eacedb0895834ad4115d1a3332d

    (出典 jprime.ismcdn.jp)


    (出典 jprime.ismcdn.jp)


    (出典 jprime.ismcdn.jp)


    【【衝撃】佐々木希が路上で息子と “おやつごっこ”、お散歩デートがかわいすぎる !!!!!!!!!】の続きを読む

    このページのトップヘ