井戸端news

芸能ニュース全般をまとめたエンタメブログです。気になる話題をいろいろ取り上げ、毎日更新して行きます!(^^)!




    (出典 news-img.dwango.jp)

    芸能人のYouTube進出により、トーク力・企画力や容姿が比較され、「やはりプロには敵わない」と化けの皮が剥がれてきているユーチューバーたち。この風潮をダメ押しするような動画が、ネット上で話題になっている。

    1月20日、俳優の岡田将生と志尊淳が、美男美女3人組ユーチューバー『さんこいち』のチャンネルに登場した。岡田と志尊は、22日公開の映画『さんかく窓の外側は夜』に出演しており、今回は映画に関するインタビューを受けた形。「さんこいち」は「YouTubeで一番緊張してるかも」との心境を吐露し、本物のスターを前に格の違いを見せつけられているようだった。

    そして念願の〝ご対面〟を果たすと、5人は1つの画面に。横並びで立ってインタビューが始まったのだが、ここで素人とプロの違いが如実に現れた。

    「さんこいち」のYapp!(やっぴ)とほりえりくは、中性的な顔立ちのジェンダーレス男子。ともにジュノンボーイやK-POPアイドル、ジャニーズJr.もどきの容姿をしている。

    しかし、本物のイケメンである志尊や、30歳を過ぎて男前に磨きがかかった岡田を前にすると、当然ながら霞むことに…。〝顔〟そのものを商品としているプロと、信者が絶賛するだけのアマチュアの違いが、悲惨なまでににじみ出ている。

    所詮『さんこいち』は素人レベルだった…?

    スタイルに関してはさらに対比が凄まじく、共に160センチ台と公言しているやっぴ・ほりえに対し、志尊と岡田は共に180センチ前後。頭1つどころか2つほどの差が出てしまっているようだ。
    圧倒的格差が出たこの構図は、ネット上で「公開処刑」と話題に。

    《俳優って凄いな》
    《もう顔の大きさが違う》
    《ユーチューバーの男2人写真と違いすぎでしょ》
    《このユーチューバー側の男たちはルックスで売ってんだとしたら立ち直れんやろな》
    《俳優ってやっぱ本物なんだな オーラが全然違うわ》

    など、現実が突きつけられる形となった。

    「そうは言っても、ユーチューバーは現代の貴族。ひと昔ふた昔前のカリスマ美容師やIT社長のように〝今もっともモテる職業〟です。おそらく、若くして金持ちな上、名声も掴んでおり、それでいて芸能人ほど手が届かないわけではないところに、女性が惹かれるのでしょう。名もなき労働者がコツコツ頑張っている裏で、何とも不公平な話ですよ。富める者がお金にも異性にも富み、貧者はずっと貧者のまま…。資本主義・競争社会における格差の象徴ですね」(WEB関係企業勤務)
    しかしそんなユーチューバーですら、芸能人の前ではなすすべなし。改めて売れっ子芸能人のすさまじさを体感できたことだろう。

    https://myjitsu.jp/archives/256353

    前スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1611555421/
    ★1
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1611549950/


    【【芸能】岡田将生 “イケメンユーチューバー”を公開処刑! 素人と芸能人の無残な差!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!】の続きを読む




    (出典 www.biteki.com)

    女優の安達祐実さんが1月23日、生え際からグレーのヘアをのぞかせた写真をInstagramで公開。その姿を見て、自然に生えた“白髪”と勘違いしたコメントに持論を展開し、「すてきな考え方」など称賛を呼んでいます。

     1月11日には、黒髪をベースとしたグリーンとグレーのインナーカラーを入れたヘアにイメチェンした姿を見せていた安達さん。今回の投稿では1つに結んだヘアスタイルで、色鮮やかな柄がモチーフのキルティングコートを着こなした写真を披露しています。

     しかし、グレーヘアのようにも見える1枚だったことから、地毛の“白髪”と勘違いする人のコメントが散見されました。そこで、安達さんはファンにインナーカラーであることを優しく伝えた上で、「白髪は悲しくないですよ」と持論を展開。「人は、生きている限り老いていくものです」「その歳まで生きてこられたという喜ばしいことだと思っています」と歳を重ねたことの証拠だと考えを伝えました。

     さらに、同じようにインナーカラーを“白髪”と勘違いされてしまったことを嘆くファンには「そう思われてしまいがちですよね でも別にいいじゃないか! という気持ちでやってます」と勘違いも受け入れた上で、斬新なヘアスタイルを楽しんでいることを明かしています。姉さんかっこいい。

     こうした安達さんのヘアスタイルへの私見に「いいね!」が多数寄せられた他、「超スーパーウルトラ級カッコいい安達さん!」「チラッと見えるグレーがまた良き」「とても奇抜 でも似合ってる」「まねしたかった髪形!」と派手なヘアスタイルやファッションに憧れる人が多く見られました。

    1/24(日) 13:31配信
    https://news.yahoo.co.jp/articles/758c9fd1ac84d525b7ad4e6472536f01e98c6401

    (出典 i.imgur.com)


    【【芸能】安達祐実、グレー髪への“勘違い指摘”に「白髪は悲しくないですよ」と切り返し 加齢の考え方が称賛を呼ぶ !!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!]】の続きを読む


    尾木 直樹(おぎ なおき、1947年1月3日 - )は、日本の教育評論家、法政大学名誉教授、臨床教育研究所「虹」主宰。愛称は「尾木ママ」。 滋賀県坂田郡伊吹町(現:米原市)生まれ。高松第一高等学校を経て早稲田大学教育学部卒業後、高校・中学校教諭、東京大学教育学部非常勤講師などを歴任。教員生活22年間を経て1994年に教員を退職。同年、臨床教育研究所「虹」を設立[




    (出典 img.sirabee.com)

     尾木ママこと教育評論家の尾木直樹氏(74)が24日、ブログを更新し、新型コロナウイルス感染症の日本製ワクチンの早急な開発を訴えた。

     尾木氏は「日本独自のワクチン開発して欲しいと強く思います」と切り出し「アメリカやイギリスの製薬会社頼みでは、きちんと予定通り供給される保障などないからです」と説明。

     現在、ワクチン開発を巡って日本は欧米諸国に比べて遅れをとっている。政府は「英・アストラゼネカ社」「米・モデルナ」「米・ファイザー社」の3社から供給を予定しているが、一部報道ではアストラゼネカ社とモデルナ社で治験の遅れが発生し、実用化が春以降にずれ込むと報じられた。

     尾木氏は日本の技術力を例に挙げ「感染症のワクチン研究開発が得意でノーベル賞受賞者も出している日本なら、これまでの常識なら世界に先んじてワクチンや治療薬の開発に成功しているはずです。どこでどうつっかえているのでしょうか」と疑問を呈した。

     ワクチンの接種が世界各地で始まっていることを指摘したうえで「日本の遅れが気になります。安心出来る日本産が欲しいです」と訴えた。
    東京スポーツ

    https://news.yahoo.co.jp/articles/6f1715016aaea3360a83d4777340fb2afd84445e


    【【芸能】尾木直樹氏 日本製ワクチン」の開発遅れに疑問「安心できる日本産がほしい」!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!】の続きを読む

    このページのトップヘ