井戸端news

芸能ニュース全般をまとめたエンタメブログです。気になる話題をいろいろ取り上げ、毎日更新して行きます!(^^)!




    (出典 cdn.asagei.com)


     木村拓哉と工藤静香夫妻の次女でモデルのKoki,(18)が16日、自身のインスタグラムを更新。ホラー映画『呪怨』などを手掛けた清水崇監督がメガホンを取る『牛首村(うしくびむら)』(公開日未定)で、女優デビューすることを報告した。

     Koki,は、2018年5月28日発売のファッション誌『ELLE JAPON』7月号(エル・ジャポン/ハースト婦人画報社)で表紙を飾りモデルデビュー。ピュアな魅力と凛とした意志の強さ…その両方をたたえた強いまなざしが印象的で、ニュースとして取り上げられると、すぐに話題となり、ネット上では“どっち似”などの議論が交わされるほどとなった。

     その後、大塚製薬の新ブランド飲料『ボディメンテ ドリンク』初のTVCM出演。18年8月には日本初、および世界最年少の『ブルガリ』アンバサダーに就任。18年11月にはファッションメディア「ELLE」が独自の視点で選出する『エル シネマアワード2018』の「エル・ガール ライジングスター賞」を受賞する。

     ファッション誌のほかにも美容誌やメンズ誌などカバーを飾り、今年1月には、ファッションブランド『COACH』のグローバル広告キャンペーンのモデルに起用。続く3月には、『エスティ ローダー』の最新グローバルスポークスモデルとして契約するなど活躍する。

     このほど、モデルから女優デビューするKoki,はインスタを通じて「この度、清水崇監督の村シリーズ第三弾となる『牛首村』に出演させて頂くことになりました」と改めて報告。「この様な素晴らしい機会を与えて頂けた事に本当に感謝しています。いただいた役と向き合いながら、清水監督からの言葉をしっかり聞き、一生懸命頑張りたいと思います」と力を込めている。

     同作は、2020年2月に公開されヒットを記録した『犬鳴村』、21年2月に公開された『樹海村』に続く「恐怖の村」シリーズの第3弾。『樹海村』の舞台“富士の樹海”には、都市伝説やシンボル的な心霊スポットがなかったという反省を生かし、新作は北陸に実在する最凶の心霊スポットが舞台となる。


    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/30ca347884d103a247072aff5cbcb24abe4e3445


    【【芸能】Koki,モデルから女優へ 役に向き合い「一生懸命頑張りたい」!!!!!!!!!!!!!!!!!!】の続きを読む




    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)



     3月末をもって吉本興業とのエージェント契約を終了した極楽とんぼ・加藤浩次(52)が、芸人の権利向上を目的にした「芸人組合」創設に向けて動き出した! とんねるず・石橋貴明(59)の賛同を得られたことにより、一歩踏み出すことになったという。芸人が〝大同団結〟することになり、お笑い界に大きな風穴を開けそうだ。

     加藤にとっては青天のへきれきとも言える、エージェント契約終了だった。本人には続行の気持ちはあったが、吉本側からの申し出で打ち切りとなったのだ。これを機にいよいよ〝粛清〟かと騒然となったが、今のところ落ち着いている。

     3月末で2つのレギュラー番組が打ち切りとなった加藤だが、4月からはテレビ東京で新番組「巨大企業の日本改革3・0『生きづらいです2021』~大きな会社と大きな会社とテレ東と~」がスタート。MCを務める平日朝の情報番組「スッキリ」(日テレ)も、今のところは終了するなどの発表はない。

    「加藤さんは何本もの特番のMCに起用されています。7月期と10月期にも特番MCが4本も決まったとか」(放送作家)

     吉本との契約が終わったことで、4月に個人事務所82styleを設立。売り上げの全てが事務所に入ってくるようになり、経費はかかるとはいえ、収入はアップしたと言われている。

     吉本芸人との共演がNGになることもなく、ホッと胸をなでおろしている加藤が現在、熱心に取り組んでいるのが「組合」の創設だ。2019年に発覚した闇営業騒動に関連して〝加藤の乱〟を起こした時から、芸人に寄り添った労働組合を作ることをずっと夢見てきたという。

    「芸人の芸人による芸人のための組合です。ギャラやさまざまな条件の交渉に、困った芸人には一時金の貸し出し。また、仕事のあっせんも視野に入れた、芸人にとってはうれしい組織という構想です」(前同)

     今になっていよいよ実現に向けて動き出した理由は、石橋の賛同が得られたことが大きいとか。2人は5月にインターネット放送ABEMAの番組で6年ぶりに共演。加藤は石橋のユーチューブチャンネルにも登場し、独立したことを相談して力強いエールをもらうなど絆を深めてきた。

    「組合が実現したら委員長に加藤、名誉会長に石橋が就任することになりそうです。また芸人だけではなく、オブザーバー的立ち位置で元テレビ局の局員らを迎える可能性も。実現すれば、日本の芸能界の歴史に名を刻むでしょう」(芸能プロ関係者)

     親分肌で知られる加藤は、頼まれたらイヤとは言えない性格で有名。

    「加藤はこれまで沈黙してきたが、吉本とのギャラの配分等で自分1人だけがおいしい目を見てきたかのようにメディアで報道され、悔しい思いをしたそうです。いまこそ組合を作り、苦しい若手芸人らのために一肌脱ぐつもりなのです」(事情通)

     加藤が旗を振り、後ろに石橋が控えているとなれば、組合加入希望芸人が殺到してもおかしくない。芸人のいいところだけではなく、苦しさも分かっているだけに、もし組合が立ち上がったら一大勢力になりそうだ。


    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/5cb79faa827603b63c5fce4aba9488d47b3b5a2b

    ★1 2021/06/15(火) 06:50:21.65
    前スレ
    【芸能】加藤浩次「芸人組合」創設へ動き出した!石橋貴明の賛同得て〝お笑い界改革〟 [爆笑ゴリラ★]
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1623707421/


    【【芸能】加藤浩次「芸人組合」創設へ動き出す!!!!!!!!!!!!!!!!!】の続きを読む




    (出典 marog01.com)

    お笑いコンビ「よゐこ」の濱口優さんが6月11日、自身のYouTubeチャンネル「濱口優と秘密基地」を更新。
    先日購入した愛車「CT125 ハンターカブ」でバイク趣味沼にズブズブとハマってしまった様子を披露しました。

    納車したての愛車ハンターカブですが、もうカスタム欲が止まらなくなっていた濱口さん。人気車種のハンターカブは
    今がまさに旬のモデルで、カスタムパーツも豊富。かっこよくカスタムするためのパーツを見つけようとウキウキ気分で
    ショップに訪れました。

    何でも、ハンターカブを購入した濱口さんのSNSにカスタムパーツメーカーから直接アクションがあり、その縁で今回の
    訪問が決まったそうです。

    「ガチで選びますから」と気合いバッチリ。濱口さんにハンターカブを勧め、ド派手色、もう1台の愛車ハーレーと同じ
    *ランドピンクにカスタムしたハンバーグ師匠(スピードワゴンの井戸田さん)、さらにはヒロミさんなどの
    芸能人ハンターカブオーナーのようにビシッと決められるでしょうか……!

    店内にはずらりと並ぶカスタム車両。いきなりカスタム欲を増幅させます。奥に置かれたちっちゃなマシンは「モンキー」の
    ガチカスタム。「これ、めちゃくちゃカッコいい!」と濱口さん。一目ではモンキーと分からないほどの本気のカスタムにも
    心引かれます。

    ガレージのような売り場は、壁にパーツが配置されたインテリアショップのようなしゃれた雰囲気。店員さんのアドバイスを
    受けながらいよいよパーツを吟味していきます。

    「えぇ! 何これ」と濱口さんがときめいたのはデュアルヘッドライト。CT125 ハンターカブのシングルライトを二つ目仕様に
    変更するパーツで、ワイルドなオフ車っぽい雰囲気が増します。「二つ目にしたら全然違いますね」「顔、全然変わるもんね」。
    でもたくさんありすぎるカブのアフターパーツにあちこち目移りしてなかなか決められません。

    やっぱり愛車を見ながら想像力をかきたてないと。愛車を店内へ運び入れて見比べたとたん、濱口さんが覚醒!

    「(足つきがよくなるから)シートは超薄型に変えちゃおう」「(足つきがよくなるから)サスペンションも低くした方が良いですよね」と
    愛車カスタムのイメージがガンガン降りてきた様子です。ハンターカブはシート高がちょっと高めかつ幅広なのでノーマルだと
    少々足つきが悪いのかな……?

    ともあれ、こうして決めたパーツ群を床に並べてご満悦。シートやタイヤ、キャリア、外付けポリタンク(ワイルドさ演出の
    ファッション/キャンプ用)など一挙に12点もお買い上げ。いきなり爆買いしたな……。でも購入ホヤホヤのときならではの
    その気持ち分かる!

    続いて買ったパーツの取り付け作業へ。お気に入りの愛車をどのように「濱口流」にカスタムしていくのか、「分かりやすい
    ウッキウキ感」が視聴者にも手に取るように分かり、また「何か他にブッ飛んだこともやってくれそう」で今後も目が離せません。
    しっかしほんと楽しそうで、見ているだけでこちらもバイクに乗りたくなってしまいますね。

    ファンからも「完成するまでが一番楽しい時間ですよね」「濱口さんが本当に楽しそうなのがいいよね」「結構パーツ買いましたね」
    などのコメントが多く寄せられていました。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/e33bbb52bae20df09ed9440b3a7709f5134a29e2


    【【芸能】よゐこ濱口、愛車「ハンターカブ」カスタムパーツ爆買いが止まらない !!!!!!!!!!!!!】の続きを読む

    このページのトップヘ