氷室 京介(ひむろ きょうすけ、1960年10月7日 - )は、日本のロックボーカリスト、シンガーソングライター。血液型はO型。群馬県高崎市倉賀野町出身。 所属事務所はBeatNix。ロサンゼルス在住。公式ファンクラブはKING SWING。既婚。 1982年、氷室狂介の名前でロックバンド・BOOWYのヴォーカリストとしてアルバム『MORAL』でデビュー。1988年4月5日、およそ7年の活動期間を以てBOOWYは解散する。1988年シングル『ANGEL』でソロデビュー。同年オリコン年間順位8位となった。



(出典 yumeijinhensachi.com)


ヒムロック!!還暦を迎えられたのですね😊おめでとうございます。マリオネットが好きでした!(^^)!


https://bunshun.jp/articles/-/40724


いま40代のお笑いタレントがトークをしていると、ときどきBOØWYが話題にのぼることがある。たとえば、バナナマンはMCを務める乃木坂46の番組で、設楽統が唐突にBOØWYの「B・BLUE」のイントロをくちずさみ始めたかと思うと、相方の日村勇紀も一緒に絶妙のタイミングで歌に入ってみせ、乃木坂のメンバーたちを驚かせていた。もちろん、お笑い以上に後進のミュージシャンにBOØWYが与えた影響は大きい。バナナマンとほぼ同年代であるGLAYのTAKUROは、14~15歳のころ友達の家で「B・BLUE」を聴き、腰を抜*くらい衝撃を受け、そのまますぐにレコード屋へCDを買いに行ったという。BOØWYのメンバーでも、とくにボーカルだった氷室京介はカリスマ的存在として、ソロに転身してからもずっとリスペクトを集め続けてきた。TAKUROは、氷室がBOØWY解散後初めてリリースしたソロデビューアルバム『FLOWERS for ALGERNON』(1988年)について、《人生であれほど美しいアルバムを聴いたことがない》と語っている。

中略

その氷室は、2014年にライブ活動無期限休止を宣言、翌々年の4大ドームツアーの最終地・東京ドームでの公演をもってステージから去った。このとき、《60(歳)くらいになったらアルバムでも出すか》と、今後も時間をかけてアルバムをつくっていくと宣言し、会場は拍手と歓声に包まれたという(※2)。あれから4年、氷室はきょう10月7日、ついに60歳の誕生日を迎えた。これに合わせて、今夜9時からはオンラインイベント「KYOSUKE HIMURO 60th ANNIVERSARY ONLINE HANABI LIVE “DISTANCE”」も予定されている。

群馬県高崎市出身の氷室は高校在学中、同級生の松井恒松らと「デスペナルティ」というバンドを結成し、本格的に音楽活動を始めた。当初、氷室はドラム、松井はサイドギターを担当していたが、やがて氷室がギターを持ってリードボーカルを務めるようになり、松井はベースに回った。高校卒業後、デスペナルティはアマチュアバンドのコンテストの関東甲信越大会に出場し、決勝でギタリストの布袋寅泰率いるBLUE FILMと争っている。それから2年後の1981年、氷室・松井・布袋を中心にBOØWY(レコードデビュー前の表記は「暴威」)が結成され、新宿ロフトでライブデビューする。このあとドラマーの高橋まことが加入し、翌1982年に1stアルバム『MORAL』をリリースした。

初期はライブハウスを中心に活動していたBOØWYは、1984年にはライブは酸欠状態となるのが常となり、音楽業界でも注目され始める(※3)。3rdアルバム『BOØWY』リリース直後の1985年6月には、渋谷公会堂公演を敢行。このとき彼らはまだレコードセールスでは大々的なブレイクはしておらず、渋谷公会堂でのライブはかなり思い切った勝負だった。しかし見事に成功を収め、これを機にホールでの活動に移行する。1986年の4thアルバム『JUST A HERO』は初めてチャートにランクインし(最高位5位)、同作を引っ提げての全国ツアーの最終日には、初めて日本武道館のステージに立った。いまなお伝説的に語り継がれている氷室の「ライブハウス武道館へようこそ」というMCは、このとき飛び出したものである。

しかし、BOØWYは人気絶頂にあった1987年12月、渋谷公会堂でのライブで氷室の口から解散を宣言。翌1988年4月、オープンまもない東京ドームでの2日間にわたる“LAST GIGS”をもってすべての活動にピリオドを打つ。その後、氷室はいち早くソロ活動を開始し、解散からわずか3ヵ月後にはソロデビューシングル「ANGEL」、さらに9月には前出のアルバム『FLOWERS for ALGERNON』をあいついでリリースした。

続きはソースをご覧下さい


(出典 bunshun.ismcdn.jp)


(出典 bunshun.ismcdn.jp)







8 名無しさん@恐縮です :2020/10/07(水) 13:30:55.84 ID:lg6u94DC0.net

>>1
>いまなお伝説的に語り継がれている氷室の「ライブハウス武道館へようこそ」というMCは、このとき飛び出したものである。

この言葉って未だに意味がよーわからんのだが、当時は衝撃だったんか?
ライブのCD聴いても、客の反応もそんなになかったようだったが。


9 名無しさん@恐縮です :2020/10/07(水) 13:32:35.12 ID:XBcHE3em0.net

>>8
言葉の意味は分からんが、とにかく凄い自信だ、って事だよ


13 名無しさん@恐縮です :2020/10/07(水) 13:37:49.26 ID:2YLRFrY90.net

>>8
今みたいに金さえ出せば芸人崩れでもライブできるような場所じゃなかったからな


14 名無しさん@恐縮です :2020/10/07(水) 13:39:16.11 ID:uVApBwiU0.net

>>8
誰かのパクリで言ったけど誰も知らないよなwって苦笑いてのは聞いた事がある。


22 名無しさん@恐縮です :2020/10/07(水) 13:51:20.76 ID:oGn3mFUZ0.net

>>8
有頂天のケラ、今で言うケラリーノなんとかさんが深夜番組で群馬の田舎もんがなーに言ってんだよwというニュアンスの物真似してたな


69 名無しさん@恐縮です :2020/10/07(水) 17:16:13.52 ID:jQ5qHIV40.net

>>22
懐かしいw

武道館へようコショー!
コショーっていうんだよねw

って*にしてたなあ


72 名無しさん@恐縮です :2020/10/07(水) 18:47:16.36 ID:vupWZ6GO0.net

>>22
しかしケラはアングラ、氷室はメジャーな事実w


36 名無しさん@恐縮です :2020/10/07(水) 13:58:34.26 ID:fbdqcG0C0.net

>>8
武道館クラスの会場をライブハウスと表現してるのが洒落てたんじゃないの?
ライブハウスかと錯覚するほどの熱量を感じさせてやるぜっ!って


17 名無しさん@恐縮です :2020/10/07(水) 13:42:16.29 ID:r2linhNY0.net

ANGELよりROXY派


18 名無しさん@恐縮です :2020/10/07(水) 13:44:57.62 ID:MYTz9p2g0.net

>>17
俺は*&CRUSH&Ro*'n Roll派


42 名無しさん@恐縮です :2020/10/07(水) 14:07:21.12 ID:CpER76bc0.net

>>17
B面のSHUFFLE派


56 名無しさん@恐縮です :2020/10/07(水) 14:51:17.93 ID:YTojWs1T0.net

>>17
金がすべての世の中じゃねーぞ
taste of money派


19 名無しさん@恐縮です :2020/10/07(水) 13:46:43.97 ID:AzkM6BRg0.net

BOOWYの何が凄いかというと、
事務所が押しテレビにバンバン出て得た人気ではなく
ネットのない時代に口コミで広まっていった人気だっていうこと
数曲聴くだけで当時の人々の心を打ったんだな


26 名無しさん@恐縮です :2020/10/07(水) 13:52:52.79 ID:oGn3mFUZ0.net

>>19
俺の田舎だとミュージックトマトというプロモビデオ番組くらいしか情報源ないから、わがままジュリエットで動いてるところみて偉く感動したのを覚えてる


21 名無しさん@恐縮です :2020/10/07(水) 13:48:07.05 ID:pIwk1Drt0.net

氷室も還暦か同い年だけどイケてるんだろうなあ
因みにクレイジーケンバンドの横山剣やギターの王様も同い年だ、色々いるなあw


30 名無しさん@恐縮です :2020/10/07(水) 13:54:29.88 ID:MYTz9p2g0.net

>>27
氷室以降、鼻にかける歌い方が流行ってしまった


37 名無しさん@恐縮です :2020/10/07(水) 14:02:00.46 ID:kBP/Lt1U0.net

まあ、再結成しなかったのは評価する


38 名無しさん@恐縮です :2020/10/07(水) 14:03:34.48 ID:CzVQ4c290.net

>>37
痩せ我慢して一人で全曲BOOWYライブやるくらいなら潔く再結成した方がまだマシだったと思うわ
やってることが中途半端でダサかった


44 名無しさん@恐縮です :2020/10/07(水) 14:12:08.86 ID:AzkM6BRg0.net

BOOWYは当時人気だったベストテンにもトップテンにも出演はしてない
歌番組で出たのは夜のヒットスタジオだけで1986年に3回出演したのみ
もう1つは吉川晃司から誘われ桑田佳祐中心のクリスマス特集歌番組に吉川晃司とともに1度だけ渋々VTR出演


45 名無しさん@恐縮です :2020/10/07(水) 14:15:02.69 ID:hlA+e+Tq0.net

鼻声が残念。歌い方変わったよね。それとあの氷室京介卒業宣言は何だったんだ?


51 ボウイ博士[sage] :2020/10/07(水) 14:19:40.41 ID:aydtoa8s0.net

解散から32年以上もの月日が経っても、未だ伝説としてその人気は衰えない それどころか、最近リリースされているDVD等の売り上げも驚異的だ
そういう息の長い人気はエヴァンゲリオンにも通ずるトコロがある。とことん語ろうsぜ!

ちなみにマイベスト
1.鏡の中のマリオネット
2.B.BULE
3.季節が君だけをカヲル
4.ONLY YOU
5.わがままジュリエット(ちょっと渋すぎるかW)


65 名無しさん@恐縮です :2020/10/07(水) 15:56:55.49 ID:+8K+sW1m0.net

>>51
ツッコみどころ満載過ぎだろ


63 名無しさん@恐縮です :2020/10/07(水) 15:44:30.65 ID:uAMGnSKl0.net

60歳になったらボウイ復活してもいいよ宣言だよね?これ


66 名無しさん@恐縮です :2020/10/07(水) 16:16:43.95 ID:hlA+e+Tq0.net

>>63
ありません。今の声量、歌い方で聞きたくないな。


68 名無しさん@恐縮です :2020/10/07(水) 16:49:20.12 ID:DYI2dwsC0.net

氷室の最強のソロ曲は「Be Yourself」
2番目に最強は「Claudia」
あとカバーだけど「たどりついたらいつも雨ふり」が最強すぎる


76 名無しさん@恐縮です :2020/10/07(水) 21:33:08.40 ID:1jY3PICn0.net

インスタで布袋がヒムロックにお祝いメッセージしてる

なんかちょっと嬉しかった


92 名無しさん@恐縮です :2020/10/07(水) 22:54:40.52 ID:gd07cMXz0.net

氷室も布袋もどっちかが居なかったら輝かしいキャリアは築けなかっただろうな


95 名無しさん@恐縮です :2020/10/08(木) 00:09:30.53 ID:b7j5yAMc0.net

団塊Jr世代と氷河期世代がガキ時代に飛びついたバンドだからだろな