シリーズ累計販売本数6,600万本を誇る大ヒットゲームシリーズが『映画 モンスターハンター』となって、現在大ヒット上映中! 

本作の監督を務めるのは、累計興行収入200億円超の大ヒットを記録した映画「バイオハザード」シリーズのポール・W・S・アンダーソン。主演は、“好きなアクションヒロイン”ランキング常連のミラ・ジョヴォヴィッチ。映画「バイオハザード」シリーズに続く最強タッグが再び実現。さらに「ワイルド・スピードSKY MISSION」で華麗なアクションを披露し世界中に名を轟かせたトニー・ジャー、「ヘルボーイ」シリーズの主演で知られる名優ロン・パールマンという錚々たる面々が名を連ねる。そして、女優・山崎紘菜が本作でハリウッド映画進出を果たし、日本代表として参戦しています。

【関連記事】インタビュー:ミラ・ジョヴォヴィッチさん、『映画 モンスターハンター』の役作りのためにガチの軍事演習に参加してしまう!「本当に過酷だった……」
https://getnews.jp/archives/2971786

「僕はトニー・ジャーの大ファンなんだ!」ポール・W・S・アンダーソン監督、念願のタッグ実現! 全世界の期待に見事に応える超絶ハンティングアクションが話題沸騰中です!

本作の出演が発表されてからというもの、世界中から多くの期待を寄せられていたのが、トニー・ジャー。タイ出身でスタントマンの経歴を持つトニーは、代表作『マッハ!!!!!!!!』(03)を筆頭に、他に類を見ない規格外れのアクションで映画ファンから熱烈な支持を集め、『ワイルド・スピード SKY MISSION』(15)などハリウッドでも活躍の場を広げる稀代のアクションスター。

ミラ・ジョヴォヴィッチ演じるアルテミスが迷い込んだ異世界で出会い、タッグを組んで巨大モンスターに挑むハンター、というトニーの身体能力が最大限に生かされた役どころが注目され、作品の情報が解禁となるたびに、「トニー・ジャー、ハンター役似合いすぎ!」、「テンション上がる!」、「トニーに武器要る?全部置いて素手で闘ったほうが強いんじゃ?」などアツいコメントが相次いでいた。そして待望の公開を迎えた今週、さっそく劇場へ足を運んだ観客からは更にトニーへの愛あふれるコメントがならび、「トニー・ジャーがマジでリアルハンターでしたああ」、「トニー・ジャーのハンター説得力があるぜ…!大満足だよ」、「本当に映画モンハンに出てくれてありがとう」など、期待を裏切らぬ大活躍に魅了され狂喜乱舞するファンが続出中!

監督のポール・W・S・アンダーソンにとっては、「僕はトニー・ジャーの大ファンなんだ!『マッハ!』(03)や『トム・ヤム・クン!』(05)など、彼の出演している映画のほとんどの演技が気に入っている」と前のめりで語るほど念願のタッグで、「彼は作品に全身全霊を注ぐだけでなく、全てを実際に成し遂げる。トニー・ジャーと一緒に仕事ができて、本当に光栄だった。彼は驚異的なアクション俳優で、役者としても最高。コメディアンの要素まで持ち合わせている」と全幅の信頼を明かす。一方のトニーも、「ポールに『モンスターハンターへようこそ』と言われたとき、夢が叶った瞬間だと思った。ストーリーボードや他の登場人物、僕が演じる役について話してくれたんだが、この役は最高だと思った」と振り返っており、その興奮が乗り移ったハンティングアクションはトニーの新境地をも感じさせる仕上がり。

また、劇中ではトニーとバディのような関係性で巨大モンスターに立ち向かったミラ・ジョヴォヴィッチも、「トニー・ジャーと一緒に仕事をするのって信じられないほど最高なの。トニーはワイヤーなんて使わない。高いところから飛び降り、剣を持ちながら宙返りやキックをするから皆はただただ見とれてしまうの。トニーこそ実在のスーパーヒーローよ。アクション映画の仕事をする中で、彼のような人とは共演したことないわ。」と熱弁しており、世界を代表するアクション女優のミラとの化学反応も必見だ。

「あのハンター役の人はじめて見たけど、アクション生き生きしてて凄かった!」、「トニー・ジャー、覚えました。」と初見のファンをも一瞬で唸らせる超絶アクションの迫力は、大スクリーンで体感してこそ!

『映画 モンスターハンター』
監督・脚本:ポール・W・S・アンダーソン
出演:ミラ・ジョヴォヴィッチ、トニー・ジャー、ティップ・“T.I”・ハリス、ミーガン・グッド、ディエゴ・ボネータ、ジョシュ・ヘルマン、オウヤン・ジン、山崎紘菜 and ロン・パールマン
原作:「モンスターハンター」(カプコン)
製作:コンスタンティン・フィルム、テンセント・ピクチャーズ、東宝
配給:東宝=東和ピクチャーズ共同配給
公式サイト:monsterhunter-movie.jp 
コピーライト:(c) Constantin Film Verleih GmbH


【提供】ガジェット通信





#4 [匿名さん] :2021/04/01 21:15

>>0
豊丸か?


#1 [匿名さん] :2021/04/01 21:11

マッハの人か!


#2 [匿名さん] :2021/04/01 21:14

モンハン面白い?
見に行こうか迷ってるんだけど


#3 [匿名さん] :2021/04/01 21:14

マッパのタイ人


#5 [匿名さん] :2021/04/01 21:15

防具がモンハンしてない
撮り直し❗


#6 [匿名さん] :2021/04/01 21:18

ミラ・ジョボヴィッチと喧嘩したら100%負けると感じさせられる激しいアクションでした


#7 [匿名さん] :2021/04/01 21:19

肉焼くとき音楽流れないの?


#9 [匿名さん] :2021/04/01 21:35

>>7
上手に焼けましたー!!


#8 [匿名さん] :2021/04/01 21:32

ワイスピでもそうだったけどトニージャーは欧米人に混じると地味になっちゃうのが残念
アクションは凄いけど容姿に華が無いのよね


#11 [匿名さん] :2021/04/01 21:40

ん~
ハリウッド映画に出るだけ凄いと思うけど
浜辺美波が~とか橋本環奈が~とか
今回日本人キャストは無名に近いモデルさん山崎紘菜です


#12 [匿名さん] :2021/04/01 21:42

>>11 ブレイブ群青戦記で初めて知りました。


#13 [匿名さん] :2021/04/01 21:48

>>11
日本からも制作費が出てるなら制作費枠があるけど純粋にオーディションで選ばれたなら凄い


#17 [匿名さん] :2021/04/01 22:05

>>14
真田広之を忘れないでくれ
アメリカでは渡辺謙より真田広之の方が評価高いんよ
最近は本格アクションやらないが、全盛期ジャッキーに勝るとも劣らないアクションが出来てシリアスも出来る貴重な日本人俳優よ


#20 [匿名さん] :2021/04/01 23:17

>>14
田村英里子忘れてるぞ!
ドラマ枠だが・・・


#14 [匿名さん] :2021/04/01 21:53

>>13
日本の俳優ってさ
栗山千明、菊地凛子、渡辺謙かあ
ハリウッドに出てもアクションがなあ微妙
ジェット・リーやトニージャーはハリウッドでも十分カッコいいと思うけどな

バイオの中島美嘉もミラジョボと身長差ありすぎて見るに耐えなかった


#22 [匿名さん] :2021/04/02 06:37

>>17
忘れないでくれとドヤっていう程でもないと思うぜ
確かに日本人俳優の中では少しはマシなアクションっぽいのを見せるけど
サナダって正直いっぱいいっぱい感あるんだよ
ノーカットでトニージャーのアクション見たら分かるけど、サナダなら腰砕けるレベル


#18 [匿名さん] :2021/04/01 22:12

バイオもスタントマン無しで本人が演じてたな。ヤッパ今回もスタントマン無しで本人が演じてるんか


#19 [匿名さん] :2021/04/01 22:55

映画ではモンスターとの熱い戦いが繰り広げられるようだが
原作ゲームでは閃光玉からの一斉射撃で瞬殺のもよう


#21 [匿名さん] :2021/04/01 23:21

ブロスホーンか、よいちもそうだが
男は一直線!


#23 [匿名さん] :2021/04/02 06:46

チャタポンパンタナアンクル

マッハ!!でトニージャーの敵として登場する

タイの武田真治と勝手に呼んでいる

ラウェイの達人 いかにもタイマフィアに居そうなヤバたん


#24 [匿名さん] :2021/04/02 06:47

監督喰いのミラさんはもう離婚はしないだろうけど、旦那のゲーム系アクション映画のイメージ定着しちゃったね


#26 [匿名さん] :2021/04/02 06:54

>>24
元旦那のフィフス・エレメントも似たようなもんだが


#25 [匿名さん] :2021/04/02 06:54

ディアブロに弓を射るとこカッケえよ~


#27 [匿名さん] :2021/04/02 07:06

小栗旬もハリウッドで通用するのかな
クローズみたいな不良の喧嘩とは訳が違うんだぞ
本物の奴らは…




スポンサーリンク