井戸端news

芸能ニュース全般をまとめたエンタメブログです。気になる話題をいろいろ取り上げ、毎日更新して行きます!(^^)!

    カテゴリ: 俳優



    (出典 news-img.dwango.jp)



    1 湛然 ★ :2021/04/19(月) 05:34:26.47 ID:CAP_USER9.net

    松坂桃李「もう少し風が通るようになるといい」 日本の芸能界への憂いと願い
    4/18(日) 19:49 ananweb
    https://news.yahoo.co.jp/articles/1fb6b3d006f48c1122d6c1089da974a5a39a6e06

    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)



    渡辺あやさんのオリジナル*コメディに主演。

    「真は大変なことから、ことなかれ主義で逃げ続けてきた人。好感度という鎧をつけて立ち回ってきたけれど、転職した大学で不祥事の嵐にひとり放り込まれ、その鎧がいとも簡単に剥がれます。その時に出る情けなさはしっかり出そうと意識して演じました。
    コメディということで、本人はいたって真面目で必*のに人には滑稽に見える姿を、共演者のみなさんとバランスをとりながら出せたらとも思いました」

    脚本は『カーネーション』や『ジョゼと虎と魚たち』などで知られる渡辺あやさんによるオリジナル。そして、出演者には松重豊さん、國村隼さんら、錚々たる役者がずらり。

    「時世を切り取る鋭い観察眼でもって書かれた渡辺さんの脚本の強さがあってこそ、これだけのキャストが集まったと思いますね。会議室に一堂に会するシーンがあるんですが、みなさん本気で演じて、本気でふざけるんです。真面目に、コミカルに、絶妙なバランスでのお芝居を真っ向から受けられることは、今回主演という立ち位置でやらせてもらったからこそ味わえた贅沢でした」

    また、「聞くだけでワクワクする」というユニークなタイトルには、ある想像を巡らしている。

    「渡辺さんが僕の仕事モードな振る舞いを見て、お考えになったのかもしれません。というのも、所属するトップコートの社訓が“クリーンな品とポップさ”なんですけど、僕には初対面の方とお会いする時に、その2つを徹底して意識する癖がついてるんです。
    渡辺さんがそこを見抜いてタイトルをお考えになり、真のキャラにも取り入れたら面白いと思ったのではないかと。答え合わせはしていないので、想像ですけどね」

    芸能界にいる以上、意識せざるを得ない好感度。どう考えている? 

    「CMもやらせていただいてますし、常日頃気にしています (笑) 。実際、日本の芸能界は好感度に支えられている面も大きいと感じますね。たとえばハリウッドスターは選挙で支持する候補者を明言しますけど、日本では『これを言ったら、こうなるだろうな』という結果が発言に常にくっついてくるというか。
    かといって、海外の見様見真似で好き放題言うのも違うと思うんです。その国それぞれの宗教や文化があり、国民性も異なりますから。
    ただ、もう少し日本に風が通るようになるといいなと。エンターテインメントも、見てくださる方の心に風を通したり、癒したりするものであってほしい。
    僕は、作品の意図や本質をそのまま届けることも役者の仕事だと思っています。なので、ネットのコメントに左右されて、本質から外れることは避けたいんです。そのためにもテレビドラマが前に全部撮り終えられるフォーマットで作れるといいですね」

    (※以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)

    ※『anan』2021年4月21日号より。写真・小笠原真紀 スタイリスト・TAKAFUMI KAWASAKI (MILD) ヘア&メイク・髙橋幸一 (Nestation) インタビュー、文・小泉咲子

    (by anan編集部)


    【【芸能】松坂桃李、日本の芸能界への憂いと願い!!「もう少し風が通るようになるといい」】の続きを読む




    (出典 hochi.news)


     俳優の志尊淳(26)が13日、自身のインスタグラムを更新し、退院したことを明かした。先月23日に所属事務所が、急性心筋炎を患い入院していることを発表していた。

     志尊は「この度は多大なるご心配、ご迷惑をおかけいたしました。先日、ひとまず退院することができました。今は元の生活に戻れるように、ゆっくりリハビリをしています」と報告。

     「今回自分が患った『急性心筋炎・心膜炎』という病気。普通の風邪の症状かなと思っていたら次第に呼吸するのが苦しくなり、胸が痛くなり、病院に行った時には心不全を起こしていました。そこから色々な検査をしながら、数日間ICUで病状が悪化しないよう戦っておりましたが、さまざまな処置のおかげで悪化を免れることができました。病院に行くのがもう少し遅かったら、我慢していたらと考えると今でも背筋が凍る思いです」と、危機的状況が迫っていたことを明かした。

     「病院で辛い時、何度も心が折れそうになりましたが、家族、仲間、友達そして応援してくれている皆さんのメッセージや優しさに助けられました。今回の件によって様々なことを急遽調整、配慮してくださった仕事関係者の皆様、事務所の皆様にも、大変大きなご迷惑をかけ、ご尽力を頂いたことに御礼を申し上げます。そして大変な状況の中で親身になって支えて下さり、治療、看護してくださった医療従事者の皆様にも心から感謝申し上げます。本当にありがとうございました」と、感謝の言葉を述べた志尊。

     「まだまだ油断できない日々が続きますがゆっくりゆっくり自分の体と向き合いながら一歩ずつ歩んでいきます。今はとにかく生きていられることが幸せです。皆さんと会える日を楽しみにしています」と、ファンとの再会を誓った。


    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/d64a97fb56a7361f431a83491bdf040ff3266512


    【【芸能】急性心筋炎で休養中だった志尊淳、退院を報告!!「生きていられることが幸せです」】の続きを読む




    (出典 www.cinemacafe.net)

    https://www.dailyshincho.jp/article/2021/04111101/?all=1

    日本テレビは新しい日曜ドラマとして「ネメシス」を4月11日の午後10時半から放送する。主演は広瀬すず(22)と櫻井翔(39)だ。公式サイトは《完全オリジナル脚本のミステリーエンターテインメント》と謳っている。桜井が“自称名探偵”を演じ、広瀬が“天才の助手”という役柄だ。

     もちろんポスターは2人の顔写真を大きく使っているが、その真ん中には、探偵事務所の社長を演じる予定の江口洋介(53)が映っている。

    民放キー局で番組制作に携わり、ドラマの現場にも詳しいスタッフが「最近の江口さんは、主役にこだわらないスタイルで、脇役として売れっ子になっています」と言う。

    「特に人気があるのは『コンフィデンスマンJP』シリーズの赤星栄介です。経済ヤクザというか、フィクサーのような役どころで、テレビシリーズの第1話で登場した記念すべき役でもあります。江口さんは映画版の1と2にも出演を果たしており、スタッフやファンの支持がうかがえます」

    ここ最近、江口が出演した映画とドラマ5本を調べてみると、主演が1本、脇役が4本。主演作品は連ドラだった。主役でも脇役でも柔軟に対応する姿勢に、制作者の評価も高いことが垣間見える。表を作成したので、ご覧いただきたい。

    (出典 www.dailyshincho.com)


    「かつて佐藤浩市さん(60)が、江口さんに『主役しかやってはダメだ』とアドバイスしたのは知る人ぞ知るエピソードですが、脇役への路線変更は成功と言えるのではないでしょうか。もちろん“主役も脇役もこなせる役者”の間でも競争は激しく、西島秀俊さん(50)、大森南朋さん(49)、豊川悦司さん(59)などライバルも多いです。とはいえ、江口さんはシリアスとコメディの両方をこなせるのが強みでしょう」(同・スタッフ)

    ちなみにデイリー新潮は20年11月、「『湘南爆走族』から33年、相変わらずの『織田裕二』、『江口洋介』俳優人生の分岐点」との記事を配信した。

    主役にこだわる織田裕二(53)と、脇役も引き受ける江口を対比したものだ。2人の差は当時より広がっている気がしてしまうが……。

    「織田さんを見ていると、もう主役にこだわる時代ではないのかなと思います。その証拠に、脇役に転じた江口さんは、スタッフから慕われています。脚本を読んでも、主役時代のように難しいことは言わなくなりました。これは当然のことで、主役は脚本にこだわる必要があるのです。とはいえ、現場では自然体の江口さんに対する評価が上昇しているのは事実です。『とても仕事がやりやすい』という声はよく聞きます」(同)


    【【芸能】脇役も引き受ける「江口洋介」と 主役にこだわる「織田裕二」!!】の続きを読む




    (出典 contents.oricon.co.jp)

    『ケンミンショー』袴田吉彦の“手の震え”に心配「尋常じゃない汗だ」


    俳優の袴田吉彦が4月8日放送の『秘密のケンミンSHOW極』(日本テレビ系)に出演。
    試食中の仕草が視聴者の心配を集めている。

    この日は栃木・宇都宮市の餃子を特集。スタジオでは『U字工事』の2人が宇都宮餃子の魅力をアピールした。
    餃子の街・浜松を抱える静岡県民の袴田は、2人を挑発しながらVTRを見守った。


    その後、スタジオに餃子が持ち込まれ、久本雅美と『爆笑問題』田中裕二が試食。

    久本は「外カリカリで、中モチモチ」と絶賛した。次に、袴田が餃子にタレを浸して口に入れるまでの映像が映った。だが袴田が持つ餃子はブルブルと震えている。
    続けて箸を持つ右手が映ったが、こちらも震えているように見えた。


    餃子を食べる手がプルプル…汗ぬぐう仕草も

    「最高にうまいっすね」と絶賛した袴田は、U字工事の2人から「完食じゃねーか」とツッコミを浴びると苦笑いし、丸メガネを外しておしぼりで顔面をぬぐった。
    久本は「さっきから店に来たオヤジみたいに、ずっと顔ふいてる」と袴田をイジり、「なんか、またしでかした?」と過去の不倫問題をやゆ。袴田は首を横に振って「しでかしてない! 真面目に生きてますよ」と全否定した。


    出演者は袴田の汗を笑いに変えていたが、視聴者は汗や手の震えを見て心配している。

    《余計なお世話ながら自分に重ねてつらくなる。この時期は誰もがしんどくなるねぇ…》
    《ケンミンショー袴田さん手が震えまくっとるやん 汗もすごいかいてるみたいだし》
    《袴田吉彦めちゃくちゃ手震えてるし、尋常ない汗かいててアレ?となった》
    《今、ケンミンショー見てるんだけど、袴田吉彦さんの手がめちゃくちゃ震えてた》
    《大丈夫だろうか? 心配だなぁと思ってる!》
    《どうしたんやろ? 試食の際の手元のアップのときとか凄く分かりやすい》
    《ずっとブルブルしてるじゃん》
    《結構みんな手の震えを気にしてるね》

    体には気を付けて欲しいものだ。


    https://myjitsu.jp/archives/273247


    【【芸能】『ケンミンショー』袴田吉彦の“手の震え”と汗に心配の声 尋常じゃない汗と手の震え!!】の続きを読む




    (出典 www.cinra.net)

    佐藤健 新田真剣佑の横顔にウットリ「まつ毛が2メートルくらいあった」
    フォトセッションで手を振る(左から)武井咲、佐藤健、新田真剣佑=東京・池袋(撮影・棚橋慶太)
     俳優の佐藤健(32)が8日、都内で主演映画「るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning」(前編4月23日、後編6月4日公開)の公開記念イベントに女優の武井咲(27)、俳優の新田真剣佑(24)とともに登壇した。

     イベント前に、大迫力のIMAXスクリーンで鑑賞した佐藤は、共演した新田の「まつ毛ばっかり見てました」と告白し、「非常に美しい横顔で、多分まつげが2メートルくらいあったと思う」と新田の美貌にウットリな様子。「まつげ見なかったの?」と佐藤に問われた新田は「僕は見てなかったです。言われるほどですかね?」と照れ笑いを浮かべた。また、細かい部分まで繊細に映し出されるIMAXに佐藤は「現場で楽をしちゃダメだなと思うよね。手を汚したりするのって、やっぱり面倒くさい時がある。細かいところまでちゃんとやらなきゃな」と気を引き締めていた。

     イベントでは、後編「The Beginning」のIMAX上映が発表され、佐藤は「もっと、日本中に普及してほしいですね」と願い、「まっけん(新田)お金あるんだから、アメリカからすごい人連れてきてよ!」と、今年5月からアメリカに活動の拠点を移す新田におねだり。新田は「数年後になりますね」と笑顔で応じていた。


    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/fcea4abfa6da6fa9068588770d57902f70b603c2


    【【芸能】佐藤健 新田真剣佑の横顔にウットリ「まつ毛が2メートルくらいあった」!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!】の続きを読む

    このページのトップヘ