井戸端news

芸能ニュース全般をまとめた主婦のエンタメブログです。気になる話題をいろいろ取り上げて行きます!(^^)!

    カテゴリ: タレント


    内村 光良(うちむら てるよし、1964年〈昭和39年〉7月22日 - )は、日本のお笑いタレント、俳優、司会者、映画監督、作家。お笑いコンビ・ウッチャンナンチャンのネタ作り担当。相方は南原清隆。愛称は「ウッチャン」。熊本県人吉市出身。マセキ芸能社所属。妻は徳永有美。



    (出典 www.crank-in.net)



    https://smart-flash.jp/entame/119867

    (出典 data.smart-flash.jp)


     10月22日、大みそかに放送される『第71回NHK紅白歌合戦』の総合司会に「内村光良が内定した」と報じられた。スポーツ紙記者は、こう話す。

    「内村さんは2017年から2019年まで、3年連続で総合司会を務めていて経験が豊富です。NHKは、内村さんの司会力を高く評価しています。とはいえ、まだ内定ですから、このまま決定する確率は80%といったところ。

     視聴者のあいだでも、『紅白の司会といえばウッチャン』というイメージが定着しており、間違いなく安心感はある。数年前までは、NHKの人気局アナたちが総合司会を務めることが通例でしたが……今はもう、あの“NHKスタイル”の司会は厳しいでしょう。進行が真面目すぎると視聴率が取れない傾向が、最近の紅白歌合戦では顕著ですからね」

     だが、決定となれば、内村の紅白総合司会は「4年連続」ということになる。NHK関係者が、内定に至った内幕を明*。

    「もちろん、『またウッチャン?』という声は局内にもありましたが、『じゃあ、他に誰がいるの?』というのが、局内の“主流派”の考え方なんです。
     内村さんは、もともとNHKの番組作りへの貢献度が高いうえ、今回は無観客での開催となる『紅白歌合戦』の制作サイドとしては、『いつもの紅白とは違うやり方でも、安心して任せられる人間を』ということです。局内では、ほかの候補者は名前も出ていません。このまま、内村さんで決定することになると思います。

     じつは2020年は新型コロナの影響で、今までのようには番組を作ることができず、とくに海外ロケはまったくできなかったので、番組制作の予算が潤沢に残っているんです。そうなれば、『紅白歌合戦』にはドカンとお金をつぎこむことになりますから、例年より作りこんでやれる部分が多くなります。そんな“異例”の紅白に、内村さんの司会という“盤石の体制”で臨みたいということです」

     別のNHK関係者は、「内村さんは熊本県人吉市出身で、2020年に豪雨災害に遭った同市にエールを送る意味でも適任という声があった」と話す。
     4年めのウッチャンは、かつてない期待を背負って、大みそかのステージに立つことになりそうだ。


    【【芸能】内村光良、紅白歌合戦の総合司会に内定…またウッチャン???????】の続きを読む


    吉井 和哉(よしい かずや、1966年10月8日 - )は、日本のミュージシャン、シンガーソングライター。THE YELLOW MONKEYのボーカリスト、ギタリスト。東京都北区出身、静岡県育ち。身長183cm。血液型はA型。現在の妻はタレントの眞鍋かをり。



    (出典 www.sponichi.co.jp)



    https://hochi.news/articles/20201022-OHT1T50208.html


    4人組ロックバンド「THE YELLOW MONKEY」のボーカル・吉井和哉(54)の長男で、ファッションモデルの吉井添(18)が自身のインスタグラムを更新し、高級ブランド「PRADA」で固めた全身ショットを公開した。

    吉井添は伊勢丹・新宿メンズ館で行われている「PRADA RE―NYLONのイベントに行ってきました!」と報告し、全身を同ブランドでまとめたコーディネートを披露。横からの姿や、リュックを背負う別カットも投稿した。

    この投稿にフォロワーからは「添くん細すぎます!」「スタイル良すぎます」「美しすぎて透けて見えるのわたしだけ?」「PRADAをさらっと着こなしていて流石です」などの絶賛の声が届けられている。


    (出典 hochi.news)


    (出典 hochi.news)


    https://www.instagram.com/ttt_eee_nnn/?hl=ja
    h
    (出典 instagram.fkix2-1.fna.fbcdn.net)


    【【衝撃】イエモン吉井の長男・#吉井添 全身「PRADA」の全身ショットに絶賛の嵐!!!!!!!!!】の続きを読む


    岡村 隆史(おかむら たかし、1970年〈昭和45年〉7月3日 - )は、日本のお笑いタレント、司会者、俳優、ラジオパーソナリティ、お笑いコンビ・ナインティナインのボケ、ネタ製作担当。相方は矢部浩之。 大阪府大阪市東淀川区出身。吉本興業(東京本社)所属。吉本総合芸能学院(NSC)の第9期生。既婚。



    (出典 www.jiji.com)


     30代の一般女性と今月10日に結婚したことを発表したナインティナイン・岡村隆史(50)が23日、お相手とは「2人っきりで(旅行に)行ったことがない」という一方で、2年前にグループでハワイ旅行したり、これまで何回も国内旅行をした、と話したことが分かった。岡村はこの日、大阪・ABCテレビで収録を行っていた。

     芸能レポーター・井上公造氏が23日午後3時ごろ、テレビ局の楽屋を訪問。岡村に直撃取材した。その模様を、夕方の情報・報道番組「キャスト」で明かした。

     岡村は2年前、ハワイで女性と一緒にいるのを目撃されており、井上氏がハワイ旅行した女性か?と聞くと、「よく分かりましたね。でも2人ではなくグループで行ったんですよ。この日ハリケーンがきてしまってお店で目立ってしまって」と明かしたという。

     また、一部で“スノボ仲間”と報じられていることには「(スノボは)一緒に行きます。これまで何回も国内旅行は行ったけど、全部グループ。2人っきりで行ったこともないです」と話していたという。

     昨年6月、南海キャンディーズの山里亮太が女優・蒼井優と結婚した際には、とても落ち込んでおり、井上氏に「好きになった時には押した方がいいんですか?」と真剣な表情で質問し、井上氏が「押すべき」と助言したことがあったことを振り返り、「今までは押せなかったけど、今回初めて押せました」と初めて積極的に好きだとプッシュできた人だったことを打ち明けていたという。

     岡村は23日午前1時から放送の「ナインティナインのオールナイトニッポン」で結婚を生発表した。


    https://news.yahoo.co.jp/articles/2632595c5bf8f9cd635ff5e3d8ffd091c06461e7


    【【衝撃】岡村隆史 妻はハワイ旅行相手、スノボ旅行何度も「2人きりはない」!!!!!!!!!!!】の続きを読む


    キングコングは、日本の漫才師・お笑いコンビ。吉本興業東京本社(東京吉本)所属。1999年9月に結成された。略称は「キンコン」。 西野 亮廣(にしの あきひろ、1980年(昭和55年)7月3日(40歳) - ) ツッコミ・ネタ作り担当。立ち位置は左。 2016年に肩書を絵本作家とする宣言をしたが、それ以後も漫才は続けている。



    (出典 president.jp)



    (出典 www.cinemacafe.net)

    『映画 えんとつ町のプペル』(C)西野亮廣/「映画えんとつ町のプペル」製作委員会

    絵本を原作としたアニメーション映画『映画 えんとつ町のプペル』の声のキャストとして、窪田正孝、芦田愛菜、伊藤沙莉、飯尾和樹(ずん)、國村隼らが参加することが明らかに。本予告と本ポスタービジュアルも到着した。

    本作は厚い煙に覆われ、空を見あげることを忘れた「えんとつ町」を舞台に、星を信じる少年ル*と、ハロウィンの夜にゴミから生まれたゴミ人間プペルが「星を見つける旅」へと出る冒険物語。絵本では描かれなかった、えんとつ町の“本当の物語”が描かれる。

    現在、連続テレビ小説「エール」の主演を務める窪田正孝が演じるのは、ゴミから生まれたゴミ人間プペル。主演映画『星の子』が公開中の芦田愛菜は、父の教えを守り、いつも空を見上げ、星を信じ続ける少年ル*を演じる。


    (出典 www.cinemacafe.net)


    窪田さんは「プペルは生まれたてのような、何者にも染まってないピュアなキャラクターです。ル*と一緒にいることで様々な感情や言葉を知り、お互いを信じ合い一緒に成長していきます」と演じるキャラクターについて語り、「大人の方にこそ観て欲しい映画だと思うので、是非劇場でご覧下さい」とメッセージ。


    (出典 www.cinemacafe.net)


    芦田さんは「ル*は、本当は不器用で人付き合いが苦手で、ちょっと気弱な男の子ですが、どれだけ批判を受けても夢を忘れず、大好きなお父さんが言っていたことを信じ続けられたのは、友達であるプペルの存在が大きかったと感じるので、私もそういう友達を大切にしたいなと思いますし、自分も友達にとってそういう存在であれたらいいなと思いました。ル*のように、夢に向かって一歩踏み出してみようとか頑張ってみようと思える作品だと思いますのでたくさんの人に観ていただきたいです」とコメントしている。
         ===== 後略 =====
    全文は下記URLで
    https://www.cinemacafe.net/article/2020/10/20/69520.html


    【【速報】 窪田正孝がプペル、芦田愛菜は少年役『#えんとつ町のプペル』ボイスキャスト発表 !!!!!!!!】の続きを読む


    川口 春奈(かわぐち はるな、1995年(平成7年)2月10日 - )は、日本の女優、YouTuber。愛称は「ハルル」「はーちゃん」。長崎県五島市(旧・福江市)出身。研音所属。 2007年、第11回『ニコラ』のオーディションにおいてグランプリを獲得。研音の子供部門「けんおん。」に所属した後、同年9月1日発売のニコラ2007年10月号でデビュー。



    (出典 stageonthenews.com)


    (出典 www.musicvoice.jp)


    女優の川口春奈が20日、自身のインスタグラムを更新。目の下にクマを作った自身のショットを投稿し、「残念だけどこれがリアル、、これが現実よ、、」などとコメント。ファンからは心配や労いの声が寄せられた。

    川口は「4時半起きだった今日。無事撮り終えたっ おつかれ自分!」と自らを鼓舞するように書き出すと、「目の下のクマやばみ笑 残念だけどこれがリアル、、これが現実よ、、」と続けた。

     その上で、「毎日ドラマ楽しく撮影してます!」と元気よくコメントを続ける川口。「そしてたくさんの感想やご意見ありがとうございます! どうか笑って笑って笑ってモヤっとした気持ちとかを笑い飛ばしてください」とメッセージを発信している。

     川口が投稿したのは車中で撮影した自身のショット。やや視線を斜めに向けた川口だが、その目の下が濃くなっているのがハッキリと視認できる。
     
     大河ドラマ『麒麟がくる』で帰蝶役を演じ、日本テレビ系ドラマ『極主夫道』では主人公を演じる玉木宏の妻役を好演している川口。多忙を絵にかいたような日常にあるのかもしれない。

     そのため、ファンからは「すごいクマですね」「少し疲れてん?」「疲れが顔に出すぎてて心配…」などと心配のコメントが挙がり、「息抜きはしてくださいねっ!」「本当にお疲れさまです‥‥ドラマ楽しみにしてます!」と労いやエールの声が多く寄せられた。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/5ea27b91047bfc9964d07698f4d1db2c8f55df0a
    10/21(水) 9:12配信


    【【衝撃】川口春奈「残念だけどこれが現実よ」目のクマくっきり、リアルお疲れ写真 披露!!!!!!!】の続きを読む

    このページのトップヘ