井戸端news

芸能ニュース全般をまとめたエンタメブログです。気になる話題をいろいろ取り上げ、毎日更新して行きます!(^^)!

    カテゴリ: タレント




    (出典 img.sirabee.com)

    「バンザイしてました」

     言葉の主は、巨人の三軍野手総合コーチを辞任した片岡治大。「バンザイ」したのは、妻のベッキーだった。

    【写真】大学卒業時の「はいからさん」ベッキーが可愛すぎる

    夫の給料はピーク時の「10分の1」
     11月14日公開のYou Tubeチャンネル『デーブ大久保チャンネル』のゲストに出演した片岡。4年間の指導者生活を振り返り、コーチを辞任した理由についても言及した。

     人が諸手を挙げて喜ぶのは、いろいろな理由があるが、冒頭の言葉の後、片岡はこう続けた。

    「(妻が)“毎朝、(僕を)見送るのがきつかった”って言っていました。僕がしんどそうだったんですって。“ああ、今日も見送らなきゃいけないのか”みたいなつらさはあったみたいです」

     片岡は'17年に巨人で現役を引退すると、その年のオフから二軍内野守備走塁コーチに就任。'19年にベッキーと結婚し、翌年には第一子、今年春には第二子(いずれも女児)が誕生した。しかし、その矢先となる今オフ、三軍コーチを辞任。「フリー」となった。

     片岡の今季の年俸は1500万円(推定)。昨年のオフシーズンに二軍から三軍コーチに“降格”した際の年俸は変わっていないが、ベッキーと結婚した'19年、なぜか1800万円(推定)から300万円ダウン。ちなみに、現役時代の最高年俸は西武ライオンズ時代、'11年の1億7000万円(推定)だった。

     当時に比べ、今の給料は10分の1以下になったことに。世間一般からみれば、年収1500万円は薄給とはいえないが、一流芸能人としてバリバリ稼いできた妻としては少し物足りない数字かもしれない。

    「ベッキーは結婚後、“夫の給料が少ないから、毎朝お弁当を作っているの”と、冗談めかして周囲に漏らしていたそうです。今は2人の子供もまだ小さく、ベッキーは母として、また家族の大黒柱として家計をうまくやりくりしているのでしょう。

     ただ、球団から離れればその固定給もなくなる。片岡はこれから野球教室で臨時コーチを務めたり、アマチュア野球の資格を取って高校野球の指導者も目指すようなので、収入自体はコーチ時代よりは減る可能性が高い。ベッキーファミリーの節約生活は今後も続きそうです」(スポーツ紙記者)

    11/18(木) 16:01配信
    https://news.yahoo.co.jp/articles/777bbd90edddcd2f4d6032fff533fbea476d82ca?page=1

    (出典 i.imgur.com)


    (出典 i.imgur.com)


    【【芸能】ベッキー、夫の収入が10分の1に!周囲に漏らしていた「夫の薄給」】の続きを読む




    (出典 img.jisin.jp)

    「キンキーブーツ」来年秋再演!城田優 三浦春馬さんローラ役引き継ぐ 主催者「一時は断念も考えました」― スポニチ
    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2021/11/04/kiji/20211104s00041000394000c.html

    2021年11月04日 17:08

    昨年7月に亡くなった俳優の三浦春馬さん(享年30)が出演したブロードウェイミュージカル「キンキーブーツ」日本版が来年2022年秋に上演されることが4日、公式サイトで発表された。16年、19年に続く3度目の上演。俳優の城田優(30)がオーディションに参加し、親友の三浦さんが熱演したドラァグクイーン、ローラ役を引き継ぐことが決まった。

    主催者は「この度、ブロードウェイミュージカル『キンキーブーツ』は2022年秋、3度目の上演をさせていただくことになりました。多くのご声援を頂いた2019年の再演の後、私たちは3度目の公演に向けて動き出しておりましたが、昨年私たちは大きな存在を失い、一時は公演を断念することも考えました。しかしながら、これまで日本のキンキーブーツを牽引してくれた三浦春馬さんの思い出と、彼がこの作品に捧げてくれた愛情とともに、私たちは『日本にはキンキーブーツが必要だ』という強い想いのもと、2022年の再再演の歩みを止めないことを決意いたしました」と報告。

     「ローラには今回、城田優さんがオーディションに参加してくださり、これまで共に歩んできたブロードウェイチームも城田さんのオーディションムービーを見て、彼のローラでいきましょうと、すぐに連絡をくれました」と城田の起用を決めた。

     「このミュージカルを愛してくれた全ての皆さまに、そして、これから出逢ってくださる全ての観客の皆さまに。キンキーブーツジャパンカンパニー全員が心から大切にしているこの作品を、初演以来同じく作品を牽引してくださっている小池徹平さんを始めとするジャパンオリジナルキャストと、城田優さんを含めた新しく参加してくださるキャストの皆さま、日米クリエイティブチームとともに、心を込めてお届けいたします。2022年秋、どうぞよろしくお願い申し上げます」と結んだ。

    (略)

    ※省略していますので全文はソース元を参照して下さい。


    【【芸能】「キンキーブーツ」来年秋再演!城田優 三浦春馬さんローラ役引き継ぐ】の続きを読む




    (出典 res.cloudinary.com)

    俳優の山田裕貴(31)、女優の有村架純(28)が、日経トレンディが選ぶ「今年の顔」に、俳優の眞栄田郷敦(21)が「来年の顔」に選ばれ、3日、都内で発表会に出席した。

    山田と有村は、有村いわく「付き合いの長い役者さん」とのこと。ともに選ばれ登壇できたことに、山田は「普段はかっすんと呼んでる。感慨深いものがありますね」と話し、有村も「うれしいよね」と応じた。

    選出について、山田は「今年で10周年。いろんな思いがあふれてきます。求められる期待値、ハードルが上がりますから、もっともっと気を引き締めて生きていかなければならない」と話した。

    有村は「作品にたずさわる時には誠実に1つ1つ、つむいでいきたいという思いでやっていた。作品を見てくださった方々の心に残ってくれた作品たちが、今年は運良くあったのかな。一緒に仕事をしてくださった方がうれしく思ってくれたら」と喜んだ。

    眞栄田は「来年はもっともっと挑戦していきたいと今からワクワクしている。『来年の顔』に恥じないように仕事をしていきたい」と語った。

    今年はどんな年だったかと来年について聞かれ、眞栄田は、8月に亡くなった父千葉真一さんには触れなかったが、「今年は『こうしたい!』という気持ちが芽生えた。来年は挑戦したいし、もっと自分を試していきたい」と、前向きな気持ちを語った。

    山田は「いろんな役、人間を演じ生きさせてもらって、いろんな感情が芽生えたりとか、それを見てもらえることが何よりの喜び。心にヒットするような映画、ドラマ、舞台を作っていくことを変わらず、来年もやっていきたい」、有村は「今年もお芝居好きだな、楽しいなという気持ちが増しまして、そういう気持ちになれることが幸せ。来年も、新しい出会いがあったらいいなと思います。映像界を盛り上げ、貢献できたらいいです」と話した。

    日刊スポーツ

    https://news.yahoo.co.jp/articles/c45ca1a329fbaedd81c4166e82647be23bd7ae0f

    (出典 www.nikkansports.com)


    【【芸能】「今年の顔」に山田裕貴と有村架純、「来年の顔」に眞栄田郷敦】の続きを読む




    (出典 tsuru.top)

    令和3年11月2日より、森田剛と宮沢りえの新事務所「MOSS」がスタートすることが、新事務所からの報告で分かった。

    森田と宮沢は2018年に結婚。森田が所属していたV6は11月1日に解散しておりジャニーズ事務所も同日退所。

    2021年3月12日にジャニーズ事務所が発表した『弊社所属アーティスト「V6」に関するご報告』では「2021年11月1日以降、森田剛は、ジャニーズ事務所を退所し、新たな道を歩むこととなりました」とされていたが、妻・宮沢りえと、夫婦での新事務所設立になった。

    森田剛は、1979年2月20日生まれ。V6の元メンバーで、6人のうち年少の3人組・Coming Centuryのひとりでもあった。1995年11月、V6のメンバーとして「MUSIC FOR THE PEOPLE」でCDデビュー。

    宮沢りえは、1973年4月6日生まれ。11歳でモデルとしてデビュー。1987年に放送された「三井のリハウス」CMにリハウスガール“白鳥麗子”として出演し、脚光を浴びる。1988年映画「ぼくらの七日間戦争」主演で女優デビュー。同年フジテレビ「追いかけたいの!」でドラマデビューも飾る。

    ザテレビジョン

    https://news.yahoo.co.jp/articles/b84963e18ed4ef790ad10b9bff48bb4bea585af7


    【【芸能】森田剛と宮沢りえの新事務所「MOSS」がスタート】の続きを読む




    (出典 biz-journal.jp)


    「タピオカ裁判」で判決が出た木下優樹菜。YouTubeでは涙ながらに謝罪したが、ちゃっかり「芸能活動再開宣言」も飛び出した…

    “タピオカ騒動”で大炎上した元タレントの木下優樹菜が芸能活動再開を宣言した。とはいえ、好感度ダダ下がりの彼女に積極オファーをかけるメディアはあまりにも少なく…このタイミングの復帰宣言には首をかしげるばかりだ。

    木下は一昨年、姉が勤めるタピオカドリンク店に「事務所総出でやりますね」などと“恫喝DM”を送っていたことが発覚。世間から猛批判され、最終的にそれが原因となって昨夏に芸能界を引退した。

    その後タピオカ店から民事で訴えられ、10月27日の裁判で東京地裁は木下の脅迫行為を認め、40万円の賠償金支払いを命じた。これを受け、木下は翌28日にユーチューブチャンネルを開設。初動画で涙ながらに謝罪したが、ドサクサ紛れて

    「何ができるかなと考えても、私にはやっぱりみんなの前に立って仕事がしたいという気持ちがすごく強くて。この2年間、いろんな仕事も考えましたけど、この仕事しかできないと思いました」

    と芸能活動再開を宣言した。

    動画には最初こそ「いいね」がついたが、現在「バッド(低評価)」の数2万とは4倍近く(10月29日現在)に膨れ上がっている。

    視聴者の目がシビアなのは、木下が“言動不一致”だからだ。現在、木下はJ1湘南ベルマーレ所属の三幸秀稔選手とラブラブ交際中。謝罪動画で

    「子どもたち、娘たちのためにも働きたい、働かなきゃいけないし、私も頑張りたいので、これからもまた一から活動させていただきたいと思います。これからもよろしくお願いします」

    と嘆願してはいるが、今月26日には

    「スウェットが好きすぎる このエンブレム素敵すぎない?」

    と上下グレーのスウェット姿の写真をインスタにアップ。これが同日、三幸選手が投稿した「お気に入りのパーカー」と同じブランドであることがわかり話題となった。9月3日には三幸がインスタで千葉県浦安市の高級ホテルで木下と過ごした際の写真を掲載し、一部で「ホテル密着写真」と揶揄された。

    「常に反省の様子を見せなきゃいけないというわけではないが、それにしても謝罪動画とは温度差がありすぎる。木下さんは三幸さんとオープン交際を続けている。それ自体は自由だとしても、『子どもそっちのけで新恋人と遊んでいる』とと思う人がいても仕方がない。その彼女が謝罪動画で『子どものため…』と言っても全く響きませんよ」(スポーツ紙記者)

    それでも芸能活動をどうしても再開させたいのには理由がある。木下は“タピオカ裁判”以外にもう1つ訴訟を抱えている。いわゆる“美容フェイスマスク裁判”だ。

    タピオカ店“恫喝”が判明した当時、木下は美容フェイスマスクのイメージモデルを務めていた。一連の騒動でフェイスマスクのイメージが損なわれたとして、販売元の化粧品会社などから東京地裁に民事提訴され、約3億円の損害賠償を求められていた。こちらは現在も係争中だ。

    「タピオカ店への脅迫行為が裁判所に認定されたことで、“フェイスマスク裁判”にも影響を及ぼすことは確実。さすがに丸々3億円の賠償金はありえないでしょうが、多額の支払いが生じる可能性がある。

    そうなると、彼女は金銭的に苦しい。引退後、ファッションブランドの広告塔を務めていますが、その収入だけではとても補いきれないでしょう。活動再開宣言は、将来の生活苦を危惧してのことだとささやかれています」(ワイドショー関係者)

    木下自身の“後悔”も強い。木下を知る関係者は

    「ママタレとして人気を博していた時は、インスタのフォロワーが約530万人いて、正直何もしなくても毎月ウン百万を超える収入があったことも。あれほどラクして稼げることはなかったのでは? 金銭的には『あの時に戻りたい』というのが本音だと思う」

    と推察する。“代わりはいくらでもいる”と言われる芸能界。木下が再びブレークできるかは未知数だが、いい意味で世間の評価を覆してもらいたい。


    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/99c347d0a6472a599b44a094a10297d1edc2aa3b


    【【芸能】木下優樹菜 低評価だらけユーチューブデビュー裏に「3億円訴訟」】の続きを読む

    このページのトップヘ