井戸端news

芸能ニュース全般をまとめたエンタメブログです。気になる話題をいろいろ取り上げ、毎日更新して行きます!(^^)!

    カテゴリ: 音楽




    (出典 highsnobiety.jp)

     大人気バンド『King Gnu』のギター兼ボーカル、常田大希(28才)とモデルのemma(エマ、27才)が交際していることがわかった。

     東京の中心地。レストランやオフィスが入る都会の隠れ家のような複合ビルから時間差で出てきたのは、常田とemmaだ。4月1日、この日はemmaの誕生日だった。

    「実はこのふたり、去年から交際をスタートさせ、今回初めて誕生日を一緒に過ごせたんです。まだ“ハネムーン期”のはずが、何かと難しい時期を過ごしているようで」(ふたりの知人)

    『King Gnu』は常田と、彼の幼なじみであるボーカル兼キーボードの井口理(27才)が東京藝術大学の学園祭で再会したのを機に2017年に結成された。

    「2019年1月にメジャーデビューすると爆発的に人気が広がり、翌2月にリリースした『白日』のYouTube再生回数は、約10か月で1億回を突破しました」(音楽関係者)

     この曲でデビュー1年目にしてNHK紅白歌合戦初出場を果たし、一気にスターダムに上り詰め、昨年は柴咲コウ(39才)が主演したドラマ『35歳の少女』(日本テレビ系)の主題歌を担当し話題になった。

    「まさに飛ぶ鳥を落とす勢いのバンドを率いる常田さんですが、同時にもう1つの音楽集団、『millennium parade』も主宰しています。今年2月に『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)に出演した際には、タモリさんが楽屋で絶賛していたとか。現代の日本の音楽を語る上では欠かせない、いま最も注目を集めているアーティストですよ」(前出・音楽関係者)

     特に常田はバンドのすべての楽曲制作を手掛け、超多忙な日々を送る。emmaとの出会いも仕事だった。

    「きっかけは、2017年に作られた楽曲『あなたは蜃気楼』のミュージックビデオでの共演です。当時はインディーズで撮影予算がほとんどなかった。スタッフを雇う余裕もないので、常田さんが車を運転して機材を運んでいたほど。そんな中、少ないギャラでも出てくれたのがemmaでした」(前出・ふたりの知人)

     ふたりの共通点は超がつくストイックなところだという。

    「常田さんが過去のヒット曲をとことん研究し、緻密に楽曲制作に取り組むことはよく知られていますが、その姿勢はemmaと似ている。彼女もファッションのことを勉強するために自費でパリコレに参加。最近は女優業にも進出し、去年は映画『妖怪人間ベラ』でベラを演じました。この春でファッション誌『vivi』の専属モデルを卒業し、今後の活動がさらに注目されています。彼女も人気急上昇中なんですよ」(前出・ふたりの知人)
    以下略全文
    https://news.yahoo.co.jp/articles/d9919715fbf8e47f79b16fabb88dd6748209590d?page=1
    https://news.yahoo.co.jp/articles/d9919715fbf8e47f79b16fabb88dd6748209590d?page=2

    (出典 www.news-postseven.com)


    (出典 www.news-postseven.com)


    【【芸能】King Gnu常田大希がモデルemmaと交際 誕生日を一緒に過ごす !!!!!!!!!!!!!】の続きを読む




    (出典 www.kpopmonster.jp)

     韓国の人気グループ「BTS」の所属事務所がジャスティン・ビーバーさんの所属事務所を買収します。

     ロイター通信などによりますと、BTSが所属する芸能事務所「HYBE」がジャスティン・ビーバーさんやアリアナ・グランデさんらが所属するアメリカのイサカ・ホールディングスを10億5000万ドル、約1150億円で買収するということです。

     買収に伴い、ジャスティン・ビーバーさんやアリアナ・グランデさんにも発行する新株を割り当てる方針で、両社の関係がさらに深まるとみられています。

    Yahoo!Japanニュース/テレ朝ニュース 4/3(土) 3:09配信
    https://news.yahoo.co.jp/articles/2201d77092583af183acdd6d106cfb1bfe35cd2e


    【【芸能】韓国のBTS事務所がジャスティン事務所買収!!】の続きを読む


    BTSがグラミー受賞を逃した理由…ボーイズ・バンドは歴史的に“冷遇”されている?
    BTSの大ヒット曲「Dynamite」が第63回グラミー賞で最優秀ポップ・パフォーマンス(デュオ/グループ)部門の候補に選出されていたが、惜しくも受賞を逃した。

     アジアのアーティストが同カテゴリにノミネートされたのは史上初のことであり、大きな注目を集めていただけにファンからは落胆の声が聞こえてくるが、中には、この結果に疑義を呈する声もあるようだ。

    「『Dynamite』は70年代のディスコ・ファンクのテイストを取り入れたキャッチーな楽曲で、グループ初の全編英語詞と、欧米市場を強く意識した勝負曲でしたが、これが大当たり。全米ビルボード・ソング・チャートでは、2018年に『Fake Love』がトップ10入りを果たすなど着実にファン層を広げてきた背景もあり、『Dynamite』は初登場で1位を獲得する快挙を達成。2020年の全米で唯一ミリオンセールスを記録するなど大ヒットとなりました」(音楽ライター)

     同カテゴリでグラミー賞に輝いたレディー・ガガ&アリアナ・グランデの「Rain On Me」も全米ビルボード・ソング・チャート初登場1位となるなど成功を収めたが、ヒットの規模でいえば「Dynamite」のほうが明らかに上。そのため、受賞結果に対する疑問の声が一部のファンから上がっているようなのだ。

     「もっとも、歴史的にボーイズ・バンドはグラミー賞とは相性が悪い」と語るのは洋楽アイドルに詳しい編集者。「ボーイズ・バンド」、いわゆるアイドル的な人気を誇る男性グループが受賞した例はほとんどないという。

    「80年代のニュー・キッズ・オン・ザ・ブロックやニュー・エディションをはじめ、90年代に一世を風靡したバックストリート・ボーイズやイン・シンク、00年代に人気を博し、19年の再結成も話題になったジョナス・ブラザーズなどは、いずれもノミネートこそされたものの受賞歴はない。10年代前半に世界的なボーイズ・バンドのブームを再び巻き起こしたワン・ダイレクションに至っては、ノミネートすらされませんでした。

     懐かしいところでいえば、『キラメキ☆MMMBOP』が97年に世界的な大ヒットとなったハンソンも主要2部門などでノミネートを受けましたが、受賞を逃しています。さらに遡れば、あのジャクソン5ですらノミネート止まり。後々その功績がたたえられて楽曲が『グラミー・ホール・オブ・フェイム』と呼ばれる殿堂賞を与えられましたけどね」

     “キング・オブ・ポップ”のマイケル・ジャクソンも、グループ時代はグラミーのお眼鏡に適わなかったというわけだ。そういえばワン・ダイレクションのハリー・スタイルズは今回、ソロになって初めてノミネート&受賞となったが……やはりボーイズ・バンドが冷遇されているということなのだろうか。

    「元イン・シンクのジャスティン・ティンバーレイクもソロになってから受賞していますし、確かにそういう傾向は見受けられますが、冷遇されているというよりも、大衆的な人気とは関係なく選考するグラミー側と世間とで温度差があるということでは。

     そもそも“ヒット=グラミー受賞”という図式ではないので、いくらBTSが世界的に人気で『Dynamite』が全米チャートを制したといっても、そこが評価されるわけではない。特にBTS人気の場合、SNSを中心に熱心なファン層=“ファンダム”が盛り上げてきた面が強い。しかし、グラミーの投票権を持つのは、アーティストやプロデューサーらから成るレコーディング・アカデミー認定会員であり、ファンとの意識の差は大きいでしょう。

     『Dynamite』も決して評価は低くなく、だからこそノミネートされたわけですが、ガガ&アリアナの『Rain On Me』はさまざまなメディアの年間ベスト企画でピックアップされており、米Billboard誌の編集スタッフによる年間ベスト(The 100 Best Songs of 2020: Staff List)では1位となるなど絶賛されていたので、業界内では受賞結果は順当と見る向きが多い」(前述の音楽ライター)

     とはいえ、ノミネートされただけでも大きな一歩。BTSが今後、グラミー賞におけるボーイズ・バンドの歴史を塗り替えることを期待したい。

    【提供】日刊サイゾー


    【【芸能】BTSがグラミー受賞を逃した理由…ボーイズ・バンドは歴史的に“冷遇”されている? ?????】の続きを読む




    (出典 bokuweb.com)

    デビュー曲「うっせぇわ」で話題の歌手Ado(アド)が、高校卒業を報告した。

    Adoは17日、ツイッターを更新し、「卒業しました……」と、卒業証書の写真とともに報告。多くのファンや関係者から祝福コメントが相次いだ。

    現役高校生シンガーとしても話題となったAdo。フォロワーから寄せられた「ご卒業おめでとうございます! 本当に学生さんだったのですね…笑」とのメッセージには「本当に学生でした…w」と返信した。

    日刊スポーツ

    https://news.yahoo.co.jp/articles/acc599029a4db65350aecba8844220439f9b7574

    (出典 pbs.twimg.com)


    【【芸能】うっせぇわAdo高校卒業報告「本当に学生でした」!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!】の続きを読む




    (出典 www.dreamusic.co.jp)

    ファンモン『音楽の日』で“復活”も空気がヤバい…
    「仲悪いの丸わかり」
     

    2013年に解散した「ファンモン」こと『FUNKY MONKEY BABYS』が、3月11日放送の『音楽の日』(TBS系)で一夜限りの再結成を果たした。
    ファンにとっては記念の一夜となったが、一方で、視聴者からはいたたまれない感想も目立ってしまった。


    同番組は毎年放送されている長時間音楽特番だが、その初回は、東日本大震災があった2011年。
    震災で激震が走った日本を元気づけようと始まり、ちょうど10年の節目となったこの日は、特に強い思いが込められた放送となった。


    その目玉のひとつが、「ファンモン」の再結成。彼らは震災時に、乗っていた新幹線に閉じ込められたほか、代表曲『あとひとつ』のジャケットに、被災地・宮城のプロ野球チーム『東北楽天ゴールデンイーグルス』の田中将大投手を起用するなど、東北と少なからぬ縁を持っていた。
    中継でパフォーマンスを繰り広げたのも、同チームの本拠地である楽天生命パーク宮城。歌う前には、事前に収録されたインタビューで「3人で映るのは解散してから初めて」などと意気込みも語られていく。


    ボーカル2人の空気がヤバいと話題に

    インタビュー時の立ち位置は、真ん中にDJケミカルが入るいつものポジション。
    ボーカル2人には必然的に距離が空いてしまっているが、そもそもこの2人、インタビュー中に全く目を合わせようとしない。ケミカルに対して言葉を向けることはあっても、2人が直に言葉を交わし合う場面はナシ。

    ファンキー加藤にいたっては、モン吉がカメラに語りかける間、足を開いて腕を組み、下を向いたり壁の方を見つめたりという興味のなさそうな態度が目立っている。


    中継先に映像が移ると、今度はモン吉が正面をじっと見つめ、横の2人を全く見ようとせず。
    インタビューでは「3人揃うと不思議な力がある」と語ったが、その言葉とは裏腹に、ビジネスライクな態度が目立っている。

    このぎこちなさに対し、ネット上には

    《ファンモン仲悪いの丸わかりやんw》
    《ファンモンの両端2人「おぼんこぼん」くらい仲悪そう》
    《やはりファンモン違和感あるな。ボーカル2人仲悪い?》
    《いや、ファンモンなんか仲悪そうでわらた 久々の復活なのに爆笑》
    《ファンモンの右の人と左の人って仲悪いの!? お互いが話してる間そっぽ向いてる》
    《ファンモン、テレビ越しでも加藤とモン吉の仲の悪さが伝わってくるな》

    といった声が続出した。


    「彼らの解散にはさまざまな説が飛び交っていますが、中でも有力だったのは〝不仲説〟。特に、ファンキー加藤とモン吉は、溝が埋まらないほど決定的な不和が生じていたとも言われています。真相は闇の中ですが、久しぶりの再結成でもこんな調子なのですから、不仲での解散説も大いに納得、さもありなんという感じですね」(芸能ライター)

    どうやら、再結成は本当に一夜限りとなりそうだ。

    https://myjitsu.jp/archives/267955


    【【芸能】ファンモン『音楽の日』で“復活”もボーカル2人の空気がヤバい…!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!】の続きを読む

    このページのトップヘ