井戸端news

芸能ニュース全般をまとめた主婦のエンタメブログです。気になる話題をいろいろ取り上げて行きます!(^^)!

    カテゴリ: 音楽


    氷室 京介(ひむろ きょうすけ、1960年10月7日 - )は、日本のロックボーカリスト、シンガーソングライター。血液型はO型。群馬県高崎市倉賀野町出身。 所属事務所はBeatNix。ロサンゼルス在住。公式ファンクラブはKING SWING。既婚。 1982年、氷室狂介の名前でロックバンド・BOOWYのヴォーカリストとしてアルバム『MORAL』でデビュー。1988年4月5日、およそ7年の活動期間を以てBOOWYは解散する。1988年シングル『ANGEL』でソロデビュー。同年オリコン年間順位8位となった。



    (出典 yumeijinhensachi.com)


    ヒムロック!!還暦を迎えられたのですね😊おめでとうございます。マリオネットが好きでした!(^^)!


    https://bunshun.jp/articles/-/40724


    いま40代のお笑いタレントがトークをしていると、ときどきBOØWYが話題にのぼることがある。たとえば、バナナマンはMCを務める乃木坂46の番組で、設楽統が唐突にBOØWYの「B・BLUE」のイントロをくちずさみ始めたかと思うと、相方の日村勇紀も一緒に絶妙のタイミングで歌に入ってみせ、乃木坂のメンバーたちを驚かせていた。もちろん、お笑い以上に後進のミュージシャンにBOØWYが与えた影響は大きい。バナナマンとほぼ同年代であるGLAYのTAKUROは、14~15歳のころ友達の家で「B・BLUE」を聴き、腰を抜*くらい衝撃を受け、そのまますぐにレコード屋へCDを買いに行ったという。BOØWYのメンバーでも、とくにボーカルだった氷室京介はカリスマ的存在として、ソロに転身してからもずっとリスペクトを集め続けてきた。TAKUROは、氷室がBOØWY解散後初めてリリースしたソロデビューアルバム『FLOWERS for ALGERNON』(1988年)について、《人生であれほど美しいアルバムを聴いたことがない》と語っている。

    中略

    その氷室は、2014年にライブ活動無期限休止を宣言、翌々年の4大ドームツアーの最終地・東京ドームでの公演をもってステージから去った。このとき、《60(歳)くらいになったらアルバムでも出すか》と、今後も時間をかけてアルバムをつくっていくと宣言し、会場は拍手と歓声に包まれたという(※2)。あれから4年、氷室はきょう10月7日、ついに60歳の誕生日を迎えた。これに合わせて、今夜9時からはオンラインイベント「KYOSUKE HIMURO 60th ANNIVERSARY ONLINE HANABI LIVE “DISTANCE”」も予定されている。

    群馬県高崎市出身の氷室は高校在学中、同級生の松井恒松らと「デスペナルティ」というバンドを結成し、本格的に音楽活動を始めた。当初、氷室はドラム、松井はサイドギターを担当していたが、やがて氷室がギターを持ってリードボーカルを務めるようになり、松井はベースに回った。高校卒業後、デスペナルティはアマチュアバンドのコンテストの関東甲信越大会に出場し、決勝でギタリストの布袋寅泰率いるBLUE FILMと争っている。それから2年後の1981年、氷室・松井・布袋を中心にBOØWY(レコードデビュー前の表記は「暴威」)が結成され、新宿ロフトでライブデビューする。このあとドラマーの高橋まことが加入し、翌1982年に1stアルバム『MORAL』をリリースした。

    初期はライブハウスを中心に活動していたBOØWYは、1984年にはライブは酸欠状態となるのが常となり、音楽業界でも注目され始める(※3)。3rdアルバム『BOØWY』リリース直後の1985年6月には、渋谷公会堂公演を敢行。このとき彼らはまだレコードセールスでは大々的なブレイクはしておらず、渋谷公会堂でのライブはかなり思い切った勝負だった。しかし見事に成功を収め、これを機にホールでの活動に移行する。1986年の4thアルバム『JUST A HERO』は初めてチャートにランクインし(最高位5位)、同作を引っ提げての全国ツアーの最終日には、初めて日本武道館のステージに立った。いまなお伝説的に語り継がれている氷室の「ライブハウス武道館へようこそ」というMCは、このとき飛び出したものである。

    しかし、BOØWYは人気絶頂にあった1987年12月、渋谷公会堂でのライブで氷室の口から解散を宣言。翌1988年4月、オープンまもない東京ドームでの2日間にわたる“LAST GIGS”をもってすべての活動にピリオドを打つ。その後、氷室はいち早くソロ活動を開始し、解散からわずか3ヵ月後にはソロデビューシングル「ANGEL」、さらに9月には前出のアルバム『FLOWERS for ALGERNON』をあいついでリリースした。

    続きはソースをご覧下さい


    (出典 bunshun.ismcdn.jp)


    (出典 bunshun.ismcdn.jp)




    【【BOØWY】 還暦を迎えた‟ロックのカリスマ”氷室京介に期する「有言実行」!!!!!!!】の続きを読む


    きゃりーぱみゅぱみゅ(1993年1月29日 - )は、日本の女性歌手、ファッションモデル。正式名はきゃろらいんちゃろんぷろっぷきゃりーぱみゅぱみゅ。所属芸能事務所はアソビシステム。音楽出版活動に関しては芸映と業務提携をしている。血液型はB型。身長は158cm。略称はKPP、旧称及び愛称はきゃりー。公式ファンクラブは「KPP CLUB」。



    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    反撃投稿マジか(笑)
    おじさんファンは自分の事を言われているようでショック受けるだろうな…

     歌手のきゃりーぱみゅぱみゅが9月21日に自身のツイッターアカウントを更新し、インスタグラムに寄せられたコメントに苦言を呈している。

     きゃりーは20日、インスタグラムに高級ブランド・エルメスの靴を履く足元に寄せた画像をアップ。ヴィンテージ特有のオーラを放つお洒落な靴をお披露目し、コメント欄には「可愛いです!」「めっちゃオシャレですね」との声が多く集まったが、一部からは「パンパン」「足首太い」といった書き込みも散見されていた。

     これに気分を害したきゃりーは21日、「お気に入りのアイテム手に入れて嬉しくてインスタにウキウキで載せたのに足首太いですねとか足首どこ行った?とかコメントされると本当に嫌な気分になるよ、、、どうゆう気持ちでそれ書いてるの?SNSって傷付ける用みたいになってきてるな~やだな~」とツイート。また、「本人かどうかわからないけどそうゆう事言ってくる人はおじさんの自撮りアイコン率高い」とも綴り、失礼な書き込みをするユーザーの傾向にも触れている。

    「きゃりーの指摘する通り、他人の身体的な特徴をSNSで中傷する行為は許されることではありません。ですが、きゃりーの『そうゆう事言ってくる人はおじさんの自撮りアイコン率高い』との投稿も余計な差別をもたらす可能性があります。実際、その書き込みをしたと思しきインスタユーザーの元には、きゃりーの苦言ツイートをキッカケに『おっさん、きも』『顔デカすぎだろ 笑』といった誹謗中傷が寄せられ、新たな被害を生んでいます。SNSを“傷付ける用”にしたくないと願うのであれば、きゃりーも自身の投稿に慎重になるべきだったでしょう」(芸能ライター)

     きゃりーのリプライ欄には「異性の年寄りが一番厄介者」「おじさんってそういう思考回路になりがちなのかもね」「おじさんは粗探し好きだから」などの反応が集まり、“おじさん全般”に対する批判的なツイートが多く出ている。

     フォロワー650万人の絶大な影響力を持つきゃりーだからこそ、その意見を残念に思うおじさんファンもいたようだ。
      
    https://asajo.jp/97747





    【【芸能】#きゃりーぱみゅぱみゅ 、中傷者は「おじさんの自撮りアイコン率高い」!!!!!!!】の続きを読む


    宮本 浩次(みやもと ひろじ、1966年6月12日 - )は、日本のロックミュージシャン、シンガーソングライター、元童謡歌手。ロックバンド・エレファントカシマシのボーカリストおよびギタリスト、音楽プロデューサー。所属芸能事務所はアミューズ。所属レコード会社はユニバーサルミュージック。東京都北区赤羽育ち。



    (出典 www.musicvoice.jp)


    みやもと こうじさんかと思ってました(笑)ひろじさんね…


    関ジャム 完全燃SHOW【エレファントカシマシ宮本浩次の音楽的スゴさのヒミツ】★1
    https://himawari.5ch.net/test/read.cgi/liveanb/1599399431/





    【【衝撃】関ジャム【エレファントカシマシ宮本浩次の音楽的スゴさのヒミツ】】の続きを読む

    このページのトップヘ