井戸端news

芸能ニュース全般をまとめたエンタメブログです。気になる話題をいろいろ取り上げ、毎日更新して行きます!(^^)!

    カテゴリ: 音楽




    (出典 img.sirabee.com)


     バイオリニストの高嶋ちさ子(53)が18日までに、自身のインスタグラムを更新。留学中の12歳の次男が「極度のホームシック」にかかっていたことを明かした。

     「このツアースケジュールは、ザワつくのスタッフの方が作ってくれました。なので、表題が「ちさ子さん」になってます」と書き出し、自身のコンサートのスケジュール表を公開。「息子達の留学も重なり、過密スケジュールの9月です」と多忙な様子だ。

     高嶋は、「次男も極度のホームシックで、朝晩泣きの電話。お母さんもう心身ともにボロボロでした」と明かし、「保健室から電話があり『どうしたの?』と聞くと『ホームシックってシックだから病気じゃん、だからナースのとこ来た』ってオイ!!そんな暇あったら勉強しろよ!!」「そんな次男に振り回されて、時差で寝不足もあったのか、一昨日金縛りに3回もあい、マジで*かと思いました」とつづった。

     フォロワーからは、「お身体に気を付けて頑張って下さい」「次男くん、強いな〜」「次男くん無事留学できてよかったです」「素晴らしい息子さんで頼もしい〜」「息子さんも留学生活頑張ってますね」などのコメントが寄せられた。


    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/e70f650df54d1003885c6ed9edd7d618c52a9e0a


    【【芸能】高嶋ちさ子 「マジで死ぬかと」一晩で金縛りに3回!!!!!!!!!!!!!!!】の続きを読む




    (出典 nandemoiiyoch.com)


    ”密フェス”の主催者との親密さから、謝罪にまで追い込まれたZeebra

    怨嗟の声が渦巻いている――。

    千葉市が9月18、19日に開催予定の音楽フェス「スーパーソニック」(ZOZOマリンスタジアム)の後援取り消しを決めた。

    新型コロナウイルスの感染状況を踏まえ、千葉県の熊谷俊人知事は延期を求めていたが、主催者側は各日約1万3000人分のチケットが販売済みであること、直前の延期・中止による損害の大きさなどから、予定通り行うことを通達。これを受け、千葉市は9日付で「後援」を取り消した。

    スパソニ側はアルコール類の提供・持ち込み禁止を徹底。来場者には直帰を訴えるなど、入念な感染対策を提示していたが、受け入れられなかった。

    背景にあるのは、言うまでもなく、ラッパーのZeebraらが出演した先月29日の野外フェス「NAMIMONOGATARI2021」(愛知県常滑市)だ。酒類提供、ノーマスク、さらにはアフターパーティーとやりたい放題で、案の定、イベント参加者の間でクラスターが発生した。

    あまりにもお粗末な対応に、同フェスには批判が殺到。Zeebraはイの一番に

    「ヒップホップシーンを牽引する立場として責任を感じています。誠に申し訳ありませんでした」

    と謝罪したが、メディアでは主催者側との“関係”が疑われ、大きく株を下げている。とはいえ、彼は目立つ存在だから言われてしまうわけで、やはり元凶は主催者だろう。調べれば調べるほど、違和感しか残らない。

    主催したイベント会社「オフィスキーフ」(名古屋市)は資本金50万円ほどの小さな会社で、8000人規模のイベントを仕切るには人手が足りなかったという。同社はイベント事業のほか、昨年夏から新型コロナウイルス感染症対策用の光触媒コーティング事業を行っていた。それでいてクラスターを発生させたのだから目も当てられない。

    「事後対応も最悪。フェスの公式サイトでは謝罪文が発表されましたが、オフィスキーフのHPは閉鎖され、電話もつながらない。常滑市の職員も『こんなことってあるのか!』と怒っていました」(スポーツ紙記者)

    主催者サイドは周囲に「大赤字だ」と吹聴していたそうだが、ドロンしたため真相はわからず。全国紙社会部記者からは

    「手口としてはグレーな社会勢力のやり方に近い。もちろんそうと決まったわけではありませんが…」

    という声も聞こえてくる。

    同フェスをめぐっては、今月2日にコンサートプロモーターズ協会、日本音楽制作者連盟、日本音楽事業者協会、日本音楽出版社協会の音楽4団体が共同の非難声明を発表。そこには

    《音楽業界が過去1年半に渡り、国や自治体などと築いてきた信頼関係を破壊し、医療従事者や関係当局の苦労を台無しにする暴挙》

    と厳しい文言が並んでいた。

    「つまり業界全体で激怒しているという意志表示です。出演したCIMBAら一部アーティストは慌てて医療基金に寄付を行っていましたが、そうでもしないと、業界から今後厳しく対応される可能性がありました」(前出・スポーツ紙記者)

    それほどの大チョンボなのだ。前出のスパソニも“密フェス”の一件がなければ

    「県があそこまで要請してくることはなかった。千葉市の後援が取り消されることもなかった」(音楽関係者)

    と言われる。

    レゲエ歌手としても活動する鈴木紗理奈は、まさにそのアオリを受け、18日に出演予定だった「渋谷レゲエ祭2021」を辞退した。紗理奈はインスタグラムで

    「初開催から十数年に渡り出演させて頂いてきたという経緯と、そんな方達が苦しい思いをしてきた事への個人的な思いもあり決断が今になってしまいました」

    と悩みに悩んだ様子。「本当にごめんなさい。どうかご理解いただけたらと思います。心を込めて」と結んだ。

    コロナ感染者数はじわじわと減少傾向にあり、年内にもワクチン接種者の旅行が解禁されるという話もある。だが、音楽業界だけは“密フェス”の尻ぬぐいでそれどころではない。コロナ禍でただでさえ厳しいなか、このままではダメ押しになりかねない。


    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/a07066cd94cc0b81964b179bf0fd03fbded2b4a7


    【【芸能】Zeebraら参加 音楽業界にトドメ刺す!!!!!!!!!!!!】の続きを読む



    (出典 profile.yoshimoto.co.jp)



    1 muffin ★ :2021/08/20(金) 18:39:36.90 ID:CAP_USER9.net

    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202108200000641.html

    ウーマンラッシュアワーの村本大輔(40)が、野外音楽イベント「フジロックフェスティバル」に初出演したことを報告し、後悔や反省もつづった。

    村本は20日、インスタグラムを更新し、「フジロックで独演会。出演者の皆さんがコロナ禍を危惧してキャンセルしてく中、不安な世界に笑いを運びにいってまいりました」と、この日開幕された同フェスのステージに立った写真をアップした。

    初めてで慣れないイベントのせいか、「持ち時間30分のところ45分やってしまった」と、時間をオーバーしてしまったという。さらに「初フジロック。森の中だとも考えていなくて、ひとりローファーを履いたことだけが後悔」と悔やんだ。

    それでも「音楽好きの人たちにおれのコメディをぶちこめた。それだけで夏のいい思い出ができました」と満足した様子。最後に「時間押しまくってスタッフさん、後ろの出演者の片平里菜さんすいませんでした。。」と謝罪した。


    (出典 pbs.twimg.com)


    【【芸能】村本大輔、フジロック初出演「音楽好きの人たちにおれのコメディをぶちこめた」】の続きを読む



    NO.9706144
    《裏切りの紅蓮華》「鬼滅の刃」歌姫LiSAの夫・鈴木達央がファン女性とホテル不倫「彼女の誕生日を夜景でお祝い…」
    《裏切りの紅蓮華》「鬼滅の刃」歌姫LiSAの夫・鈴木達央がファン女性とホテル不倫「彼女の誕生日を夜景でお祝い…」
    人気アニメ「鬼滅の刃」シリーズの主題歌を歌い、アニソン界の女王と呼ばれるLiSA(34)の夫・声優の鈴木達央(37)が、都内某スタジオに勤務するA子さん(20代)と不倫関係であることがわかった。「文春オンライン」特集班が鈴木とA子さんが渋谷のホテルで逢瀬を重ねる姿を撮影した――。

    ■多くのファンの祝福を受け鈴木達央と結婚
    2019年、テレビアニメ「鬼滅の刃」の放送が開始されて以降、飛ぶ鳥を落とす勢いの歌姫・LiSA。19年7月にリリースされたテレビアニメ版の主題歌「紅蓮華」は平成最後のオリコンランク1位を達成した。また、歴代興行収入1位となる400億円を突破した「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」の主題歌「炎」とアルバム「LEO-NiNE」は、20年10月に“令和初”となるアルバム・シングル同時オリコンランク1位を記録。LiSAの歌う“鬼滅ソング”は幼児から大人まで幅広いファンに愛されている。

    そんなLiSAはプライベートでは、声優で歌手の鈴木達央と2020年1月に結婚を発表した。LiSAは当時、自身のブログで「鈴木さんは日々を過ごす中で、なにかに迷うときや、挫けそうなときも力強く支えてくれる方です」とコメント、多くのファンから祝福を受けた。

    「文春オンライン」でも結婚前だった2018年7月、2人の仲睦まじい“お花見デート”を報じた。人気者同士お互いに多忙な中でも、鈴木は常にLiSAを支えていたのだが――。

    ■硬派な「ドラケン」役がまさかの“不貞行為”?
    音楽業界関係者が語る。

    「実は鈴木は昔から酒癖も悪く、決して品行方正なタイプではない。ここ最近LiSA自身も相当、夫のヤンチャっぷりに悩んでおり周囲に愚痴..
    【日時】2021年07月30日 16:30
    【ソース】文春オンライン
    【関連掲示板】

    【《裏切りの紅蓮華》「鬼滅の刃」歌姫LiSAの夫・鈴木達央がファン女性とホテル不倫「彼女の誕生日を夜景でお祝い…」】の続きを読む




    (出典 hominis.media)

     2019年末をもって歌手活動を終えた森昌子(62)に、その引退前後、ファンとの交際をめぐって警察を巻き込むトラブルが起きていたことが「週刊文春」の取材でわかった。

     森は2018年秋、コンサートの“出待ち”をしていた40代のファン、Aさんに声をかけ、やがて自らの車や楽屋に呼ぶようになった。19年3月に森が引退を発表してからは、Aさんは無報酬でコンサート会場でのグッズ販売を手伝うなど関係を深めた。森はAさんに、「大好き」「引退したら近くに住む」など愛を打ち明け、自宅マンションにも招くなど親密な関係となった。

     だが、引退が近づくにつれ、森の態度は徐々に距離を置いたものに変わっていった。そして引退後の今年2月、森のマネージャーがAさんを「一体何がしたいんだ!」と面罵。その後、森の個人事務所がAさんを森への「ストーカー」として渋谷警察署に相談するに至った。

     Aさんは、「週刊文春」の取材にこう答えた。

    「私は、引退後は一緒にいられるという昌子さんの言葉を信じ、応援したい気持ちで物販も手伝いました。警察には、今後昌子さんと接触しないことを約束しました」 

     一方の森の個人事務所は、Aさんについて、自宅マンションに招いたこと、警察にストーカー相談をしたことを認めた。

     二人の間に何が起きていたのか。

    続きは↓
    https://bunshun.jp/articles/-/47268?page=1


    【【芸能】森昌子 40代ファンとの交際をめぐり「ストーカー」警察トラブル !!】の続きを読む

    このページのトップヘ