井戸端news

芸能ニュース全般をまとめたエンタメブログです。気になる話題をいろいろ取り上げ、毎日更新して行きます!(^^)!

    カテゴリ: 芸人


    本名:金子 和令(かねこ かずのり) 未婚。 愛称は「カズ」。 相方の安藤なつからは「カズちゃん」と呼ばれている。 ボケ・ネタ作成担当。立ち位置は向かって右。 全身赤い服に金髪がトレードマーク。 ピン芸人だったカズレーザーと、2012年7月にぷち観音を解散した安藤なつにより、2012年8月に結成
    28キロバイト (3,661 語) - 2020年12月27日 (日) 06:14




    (出典 japarazzi.jp)


    カズレーザー、デート相手の“美人元棋士”がフジの女子アナに…「今は会う機会もない」
    Copyright (C) 2020 Kobunsha Co., Ltd. All Rights Reserved.
     2020年6月、東京・六本木ヒルズで、元女流棋士の竹俣紅(22)と肩を並べて颯爽と歩いていたカズレーザー(36)。

     トレードマークの全身真っ赤で揃えた服装に合わせたのか、竹俣も赤いサンダルに赤いカーディガン。この日は竹俣の誕生日とあって、“紅ずくめ” の2人の関係が、とても気になったのだが……。

    「水族館で13時30分からのイルカショーを観て、誕生日のプレゼントを買いに行き、ご飯を一緒に食べて解散しました。残念ながら、交際はしておりません(笑)。ご期待に添えず申し訳ございません!」

     当時はカズレーザーから、そう回答があった。

     2人の親密さを間近で見ていた写写丸には、にわかに信じがたい……。ということで、12月某日の朝10時、芸人仲間らと共同生活を送る都内のマンションの前で、カズレーザー本人を直撃した。

    ――以前、竹俣紅さんとの件を報じましたが…。

    「あー、ずいぶん前の!(笑)」

    ――その後はいかがですか?

    「最近は、まったくお会いする機会もないですね~」

    ――では、ほかに特定のお相手は?

    「いたら、いいんですけどねぇ(笑)。芸人は、よく遊びに来るんですけど……。すみません、寒いなか(笑)」

    『とくダネ!』(フジテレビ系)では、“スペシャルキャスター” を務めるカズレーザー。竹俣は、フジテレビのアナウンサーに内定している。運命の “紅い糸” が、2人を再び結びつけようとしている……!?

    (週刊FLASH 2021年1月5日・12日合併号)


    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/6ac991d645f5229273caa5ec93132d0b18fc5ed4


    【【芸能】カズレーザー、デート相手の“美人元棋士”がフジの女子アナに…「今は会う機会もない」!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!】の続きを読む


    12/29(火) 7:05配信
    NEWSポストセブン

    『THE W』で優勝した翌2020年、大いなる飛躍を遂げた

     世界がコロナ禍に見舞われてから早くも1年が経とうとしている。2020年のお笑い界では、感染防止のためにイベントの中止や延期を余儀なくされたが、そうした中でも新しい才能が続々と登場した。なかでも数多くの女性芸人にスポットが当てられたのが印象的である。

     12月14日に放送されたお笑いコンテスト『女芸人No.1決定戦 THE W 2020』(日本テレビ系)では、優勝したピン芸人・吉住だけでなく、決勝戦で惜敗したお笑いコンビ・紅しょうが、途中敗退した初代女王・ゆりやんレトリィバァなど、多くの出演者が話題を呼んだ。

     とはいえ、やはり『THE W』で優勝を勝ち取ることは、その後の活動を左右するほど大きな意味を持つようだ。お笑い評論家のラリー遠田氏は、2020年に最も活躍した芸人として、2019年の『THE W』でトップの座に輝いた3時のヒロインの名前を挙げる。

    「2020年に最も活躍した女性芸人と言えば、3時のヒロインではないでしょうか。2019年の『THE W』で優勝したことをきっかけに大ブレークを果たしました。底抜けに明るい性格のゆめっち、ぽっちゃり体型で動きにキレのあるかなで、ネタ作りを担当する福田麻貴。見た目もキャッチーな3人がそれぞれの個性を生かして、上半期から幅広いジャンルの番組で活躍しました。

     下半期に彼女たちに迫るほどの勢いを見せたのが4人組・ぼる塾です。猫塾としんぼるという2組のコンビが合体して新しいカルテットが生まれました。

     メンバーの1人である酒寄希望が育休中のため、主に3人で活動していました。あんりが見せるパワフルなツッコミが強烈な印象を残しています。元ギャルの田辺智加が髪をかきあげて言う『まぁね~』は新語・流行語大賞にもノミネートされました」(ラリー遠田氏)

     では、2021年に活躍しそうな芸人は?

    「今後の活躍が期待できそうなのは、やはり今年の『THE W』で優勝した吉住、そして男女コンビ・蛙亭の岩倉美里などです。どちらもネタの面白さに定評がありますが、今後はバラエティ番組などでそれぞれのキャラクターにもスポットが当たるかもしれません」(ラリー遠田氏)

     一方、テレビウォッチャーでコラムニストの飲用てれび氏は、3時のヒロインの成功が、後続する女性芸人たちが活躍する道を開いたと指摘する。

    「多くの若手女性芸人が活躍した2020年、やはり大きなきっかけは前年の3時のヒロインの『THE W』優勝だったのでしょう。従来、テレビで活躍する女性芸人の多くは男性芸人以上にビジュアル面での強いインパクトが求められていたように思います。

     3時のヒロインは、かなでとゆめっちの2人がそんな従来の女性芸人の文脈をカバーしつつ、同時に福田麻貴が近年あまりいなかった『MCも期待できる女性のツッコミ役』として注目されました。彼女たちの登場と活躍が、さまざまなタイプの若手女性芸人が後に続く道を広げたように思います」(飲用てれび氏)

     さらに飲用てれび氏は、今年活躍した女性芸人の多くに“女性芸人”という括り方を問い直す姿勢が共通して見られるという。


    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/3d640e0d35924494e5da2f59769859c02b5f8e6e
    >>2続く


    【【芸能】「女性芸人」という枠を脱却 3時のヒロインが果たした役割 !!!!!!!!!!!!!!!!】の続きを読む




    (出典 portal.st-img.jp)

     今月31日付で吉本興業とのマネジメント契約を終了することが28日に発表されたお笑いコンビ「オリエンタルラジオ」の中田敦彦(38)藤森慎吾(37)が同日夜、Youtubeチャンネルで「吉本興業卒業会見」を行った。

     中田はオリエンタルラジオ、RADIO FISHの活動について、よしもとが運営するMCN(マルチ・チャンネル・ネットワーク)の「OmO(オモ)」を抜けて、2人が管理して動画の配信を続けていくことを伝えた。

     退所する不安について藤森は「不安はもちろんありますよ」とし「吉本という会社があって、今までお仕事をさせて頂いた部分もあって」と正直な気持ちを語った。現在6本のレギュラー番組に出演しており、今後について「続けさせてもらいます」と、降板することはないと明かした。

    スポニチ

    https://news.yahoo.co.jp/articles/fc6d8b87402d47e58d8c94dd483f39f5501731fb


    【【芸能】オリラジ吉本卒業会見 藤森6本のレギュラー番組「続けさせてもらいます」!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!】の続きを読む


    オリエンタルラジオ(略称:オリラジ)は、吉本興業東京本社(東京吉本)所属のお笑いコンビ。東京NSC10期生。リズム芸『武勇伝』でデビュー後すぐブレイクを果たし、冠番組を史上最速で持った。2014年よりダンス&ボーカルユニット・RADIO FISHとしても活動している。 中田 敦彦(なかた あつひこ、
    • 本名:なかだ あつひこ、1982年(昭和57年)9月27日(38歳)- )
    ボケ担当。大阪府高槻市出身、慶應義塾大学経済学部卒業。愛称は「あっちゃん」。
    • ふじもり しんご、1983年(昭和58年)3月17日(37歳)- )
    ツッコミ担当。長野県諏訪市出身明治大学政治経済学部卒業。愛称は「しんご」「チャラしんご
    35キロバイト (4,007 語) - 2020年12月28日 (月) 08:03




    (出典 geitopi.com)

     お笑いコンビ「オリエンタルラジオ」の藤森慎吾(37)と中田敦彦(38)が31日付でそれぞれ退社することが、所属の吉本興業から発表された。関係者によると、ともにフリーになり、今後もコンビとしてや、音楽ユニット「RADIO FISH」の活動は続ける。

     中田はテレビを離れ、自らのチャンネル「中田敦彦のYouTube大学」を立ち上げて19年からYouTubeを主戦場としてきた。これまで吉本側とギャラの取り分など契約内容について交渉を進めてきたが、まとまらず今月に入って退社を決意したという。

     驚いたのは藤森だ。周囲によると、コンビ間で連絡を取り合っておらず、退社を決めた時点で中田から藤森に相談はなかったという。相方の離脱を知って困惑したものの、藤森も決意。吉本側の強い引き留めもあったが、フリーになることを選択した。芸人仲間によると、「コンビとしての世間への見え方を考えた結果、独立することを決めたようだ。自分だけ吉本に残って、中田に迷惑をかけるのは避けたいと話していた」という。

     藤森は近年、バラエティーだけでなく、ドラマ「ネット興亡記」や映画「七つの会議」で好演し、役者としての評価も上がっていたところだった。独立には、長年レギュラーを務めていた日本テレビのバラエティー番組「火曜サプライズ」が来年3月に終了することもあり、「新しく自分の力を試したい」(友人)との思いもあったようだ。

     オリラジは2004年4月にコンビ結成して、リズムネタ「武勇伝」でいきなりブレーク。デビューして、たった3年でレギュラー番組が10本まで増えたが、人気が急落。その後、中田がインテリキャラで売り出し、藤森もチャラ男として2度目のブレークを果たした。16年には「RADIO…」の「PERFECT HUMAN」でNHK紅白歌合戦にも出場している。

     「逆境には強いコンビなので、独立しても何とかやっていけると思います。戦略を練っているのでは」(関係者)。新たな「武勇伝」を綴るための再出発。YouTubeも視野に入れつつ、“新生オリエンタルラジオ”を立ち上げる。

    スポニチ

    https://news.yahoo.co.jp/articles/e92c90e32428eda1e082307d9b4c6597a167a42b


    【【衝撃】オリラジ、吉本興業退社の事情 契約内容で交渉 藤森は当初中田の退社知らず !!!!!!!!!!!!!!!!!!!!】の続きを読む


    マヂカルラブリーは、野田クリスタルと村上からなる日本のお笑いコンビ。吉本興業東京本社(東京吉本)所属で大宮ラクーンよしもと劇場の専属芸人である「大宮セブン」として活動している。コンビ名を『マジカル』ではなく『マヂカル』とした理由は「ネットで検索した時に上位に来る」ことを期待してのことだと述べている。2020年M-1グランプリ王者。
    31キロバイト (4,473 語) - 2020年12月23日 (水) 16:10




    (出典 pbs.twimg.com)

    「これぞ漫才っていうのを久しぶりにみせてもらった感じがしましたねぇ」

     2019年の『M-1グランプリ』(テレビ朝日系)で、ミルクボーイの1本目のネタを見た審査員の松本人志はそう評した。

     確かに、“行ったり来たり漫才”と松本が呼んだ彼らのスタイルは、センターマイクの前に立った2人の掛け合いだけで客席を笑いの渦に巻き込んでいく、そんな漫才という芸のど真ん中を射抜くものだった。そして、2019年のチャンピオンとなったのは、「これぞ漫才」を見せつけた彼らだった。

     そこから1年、2020年のM-1はマヂカルラブリーがその頂点に立った。舞台の上を野田クリスタルが縦横に動き回る漫才で、2人は会場の大きな笑いをさらう。その個性的なスタイルは、「これぞ漫才」の対極にあるかのようだ。

     もちろん、何が漫才かという問いに正解を見つけるのは難しい。

     昨年のM-1ですゑひろがりずが狂言風の異色漫才を見せた際、審査員の富澤たけし(サンドウィッチマン)は、「漫才は笑わせれば何でもありだと思ってるんで。彼らが上位にいって漫才をぶっ壊してもらって、また新しいものを作ってもらえれば」とコメントした。マヂカルラブリーの漫才は、そんな「笑わせれば何でもあり」を体現するものだったといえるかもしれない。

     「これぞ漫才」と「笑わせれば何でもあり」――。保守と革新、正統と異端などと言い換えることもできる2つの極の間を、M-1の審査はこれまでも振れ、その都度ドラマを生んできた。

     昨年でいえば3位につけていた和牛を最終出番のぺこぱが捲ってファイナルステージに進出した瞬間がそうだっただろう。ミルクボーイからマヂカルラブリーへのチャンピオンの変化は、その振幅を象徴するものだ。そんな今年のM-1について、審査員のコメントを通して振り返ってみたい。

    “わかりやすさ”の重視

     今回の審査のひとつの傾向は、“わかりやすさ”の重視にあったように思う。2番目に登場した東京ホテイソンが最下位に沈んだことが象徴的だ。

     2人の漫才は、彼らの地元である岡山県の備中神楽をアレンジした独特のツッコミを武器とする。今回のM-1決勝では、謎解きをテーマにしたネタが披露された。

     「タラコとカバは宝箱になります。では、新幹線とアルゼンチンは何になる?」「正解は、シアトル・マリナーズだよ」とボケ役のショーゴが言う。「タラコ」と「カバ」を一文字ずつ交互に並べると「タカラバコ」。だから、新幹線とアルゼンチンでシアトル・マリナーズだ、と。それを聞いたたけるが備中神楽風のツッコミを入れる。

     「い~や、シアンルカゼンンセチンン!」

     客席で起こる大きな笑い。その後も、彼らは言葉遊びのような謎解きをテーマに会場を笑いで包んでいく。

     ただ、審査員の点数は意外にも伸びなかった。オール巨人は「頭を使わなあかん。聞いてるほうがね」と彼らのネタを講評する。

     「ツッコミというのはお客さんの代弁なんで、お客さんが『あれ? わからんな』となったら、もうどんなツッコミやっても難しいと思うんですよ。もうちょっとわかりやすい、頭使わないようなネタのほうが良かったなと思います」

     東京ホテイソンの漫才は進化してきた。当初はシンプルな例えツッコミでM-1に挑んできた彼ら。今回のような少し「頭を使う」ネタへと発展したのは、M-1で準決勝止まりが続いていた状況からブレイクスルーを狙う彼らの挑戦の結果だったはずだ。

    12/22(火) 18:01 現代ビジネス
    https://news.yahoo.co.jp/articles/566b2fc03a6db36df605f703e360e0c4959f868f

    写真

    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)


     


    【【芸能】<M-1優勝マヂカルラブリーは「漫才」なのか?> !!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!】の続きを読む

    このページのトップヘ