井戸端news

芸能ニュース全般をまとめたエンタメブログです。気になる話題をいろいろ取り上げ、毎日更新して行きます!(^^)!

    カテゴリ: 芸人


    小沢 一敬(おざわ かずひろ 1973年10月10日 - )は、日本のお笑いタレント、YouTuber、俳優であり、お笑いコンビスピードワゴンのボケ、ネタ作り担当。相方は井戸田潤。愛称はオザ、セカオザ。 弟はジェンティ株式会社代表取締役の小澤 頼仁(おざわ よりひと)。
    18キロバイト (2,177 語) - 2020年12月6日 (日) 06:25



    (出典 c799eb2b0cad47596bf7b1e050e83426.cdnext.stream.ne.jp)



    1 jinjin ★ :2020/12/21(月) 22:30:59.22 ID:CAP_USER9.net

    お笑いコンビ「スピードワゴン」の小沢一敬(47)が20日、漫才日本一決定戦「M―1グランプリ2020」の直後に自身のツイッターを更新。
    「漫才は自由だな。自由はかっこいいな」と投稿し、マヂカルラブリーの優勝直後に議論が白熱している「漫才」の定義について一石を投じた。


    ツイッターでは、優勝したマヂカルラブリーや最終決戦に残ったおいでやすこがが、いわゆる“しゃべくり漫才”ではなかったことに「漫才していたのは見取り図だけ」「漫才とは…」「しゃべくりだけが漫才じゃない」などと議論が交わされた。


    そんな議論が巻き起こる中、小沢は「ロックだとかパンクだとか恋愛ものだとかサスペンスだとか漫才だとかジャンルなんて飛び越えちゃうものをたくさん見たい」と投稿。

    小沢の投稿に対してフォロワーも「それなです」「自由は最高」など賛同する意見が相次いでいた。


    https://news.yahoo.co.jp/articles/7cdee28a56614d15732295ba9c5d22c306328014


    【【芸能】スピードワゴン・小沢一敬がM-1優勝後にネットで議論白熱する『漫才』の定義に一石!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!】の続きを読む


    おかっぱ眼鏡に紫の服がトレードマーク。弟がいる。芸人仲間からなっちゃん、なつさんと呼ばれている。 2020年に自身のYouTubeチャンネル「メイプル超合金安藤なつ」開設。 身長170cm、体重130kg、血液型A型。安藤は本名で、「なつ」は「あんドーナツ」から、ブッチャーブラザーズのリッキーが命名した
    24キロバイト (2,972 語) - 2020年12月17日 (木) 23:04




    (出典 www.asahicom.jp)

    メイプル超合金・安藤、実は介護歴20年!「罰ゲームのように介護をされるのは心外」



    介護従事者、そして世間へ
     芸能界では、スキャンダルを起こした著名人が介護施設にボランティアに行ったり、介護の勉強を始めたりする事例も少なくない。また、'09年に覚せい剤取締法違反で有罪判決を受けた女優の酒井法子が、かつて刑事裁判で「芸能界を引退し、介護の仕事をやりたい」などと語ったものの、その後、介護と向き合っている様子はなく、世間からバッシングを受けたこともある。

    「罪を*た罰ゲームのように、介護をやろうとする風潮がありますよね。ですが、私たちからしたら、好きで選んでやっている仕事です。それを罰ゲームにされるのは心外ですね。毎回“何なの”と思うんです」
    ★抜粋以下記事
    https://news.livedoor.com/lite/article_detail/19391546/


    【【話題】安藤なつ、芸能界でスキャンダルや罪を犯した著名人が介護の勉強を始めたりする風潮に「罰ゲームにされるのは心外」!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!】の続きを読む


    HIKAKIN(ヒカキン、1989年〈平成元年〉4月21日 - )は、日本の男性YouTuber、ヒューマンビートボクサー。UUUMファウンダー、最高顧問。血液型はO型。 1989年4月21日、新潟県中頸城郡妙高高原町(現・新潟県妙高市)で次男として生まれる。兄(長男)は同じくYouTuberのSEIKIN。
    46キロバイト (5,571 語) - 2020年12月14日 (月) 17:42




    (出典 www.nippon-foundation.or.jp)

    HIKAKIN、芸能人の総YouTuber化に本音ぽろり 同じ土俵で戦える喜びも「夢のある話」
    『LINE NEWS Presents NEWS AWARDS2020』の「タレント部門」を受賞したHIKAKIN (C)ORICON NewS inc.
     人気動画クリエイターのHIKAKIN(31)が、2020年を彩った“話題の人”に贈られる『LINE NEWS Presents NEWS AWARDS2020』の「タレント部門」を受賞。このほどオンラインで行われた授賞式に出席した。

    【動画】HIKAKINからYouTuberを目指す人へ「遅いということはない!」

     受賞者のラインアップを見たHIKAKINは「本当に信じられないメンツ。僕ではないんじゃないのかな、と思うぐらいそうそうたる人。まさかの受賞でうれしいの一言に尽きます」と笑顔を見せた。今年を振り返ると「素直に言って、コロナウイルスに振り回された年だったな、と。それが大きすぎて出てきてしまう…。基本的にすべての人が影響を受けましたよね」と口にした。そんな中、今年の漢字を表現すると「家」に。「誰よりも家にいたんじゃないかな。家で動画を撮ったり、編集したりを繰り返した年だった」と理由を口にしていた。

     今年は、YouTube界から登場したフワちゃんが芸能界で一躍スターに。LINE NEWSを毎日、見ているというHIKAKINは「フワちゃんがスゴい目に入ってきた」と話す。ライバル意識をしたのか問われると「スゲーな、と。(明石家)さんまさんにタメ口を聞いている。横で見ていて、スゴい人がいるんだと思った」と笑う。今ではYouTube界から芸能界に進出する人も多いが「フワちゃんはパワーが違う。まねできない。(生まれ)持った明るさがある」と絶賛していた。

     この先の目標も告白。「どれだけ続けられるかに尽きる。YouTubeを始めて14年で、仕事にできてから9年ぐらい。やっぱり続けることが一番、大変。高い水準で続けている人は、どの業界でもカッコいいと思う」と力説した。また、新しく始める人に助言も。「大きく分けて2つある。1つ目はトップ勢を見まくる。どういう動画の尺で、どういう効果音か、何回のカットが入っているか、どういう企画が流行っているかとか。それは全部、トップ(の人たち)に詰まっている」と語る。続けて「今からじゃ遅いという人が多い。でも、それは5年前から言われている。遅いと思わないで『俺なら絶対に行ける』と思う人がスターになる。自信を持って行くべき」とメッセージを送った。

     また、最近は俳優・女優、芸人、タレントなど多くの芸能人がYouTubeチャンネルを開設。総YouTuber化の時代を迎えている。HIKAKINは「まさかとは思いましたよね」とぽつり。「ゆっくり『YouTube始めます!』という方が増えてくる想定はしていた。当然、『マジで?』とは思った。芸能界の大物が続々と参入されているので頑張らなきゃなとは正直、思いましたね」としみじみ。「そういう方と同じ土俵で、同じようなネタで戦える。少し昔だったら考えられない。夢のある話」と笑顔を見せていた。

     最後は来年の抱負も。「正直、どんな年になるのかは、わからない。漠然としている」としながらも「僕自身、おいしいものが好き。最近は、お取り寄せとか、家の中でおいしく食べられるものを、いろいろ注文している。僕が買って、おいしいと思ったものを紹介して、それを見たファンの方が共感したりして楽しくできたら」と思いをめぐらせた。そして「今はつらい時。ストレスも溜まる。必ず踏ん張っていれば、光は見える。僕も、いつも以上にクスっと笑えるような動画作りを頑張ります。皆さんも無理しすぎず、頑張っていきましょう」と呼びかけていた。


    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/9cdc74a11ef7ba862c3d45bab038ea7c06cc6dff


    【【YouTuber】HIKAKIN、芸能人の総YouTuber化に本音ぽろり 同じ土俵で戦える喜びも!!!!!!!!!!!!!!!!!!】の続きを読む


    チョコレートプラネットは、日本のお笑いコンビ。吉本興業東京本社(東京吉本)所属。東京NSC11期生。キングオブコント2008、2014、2018ファイナリスト。略称は「チョコプラ」。 長田 庄平(おさだ しょうへい 1980年1月28日 - )(40歳) ボケ・ツッコミ・ネタ作成担当 ピン時代の元芸名は「長紫庄屋仁時」
    37キロバイト (4,919 語) - 2020年12月8日 (火) 11:16




    (出典 pbs.twimg.com)
    t

    お笑いコンビ『チョコレートプラネット』が、12月4日に放送された『全力!脱力タイムズ』(フジテレビ系)に出演。長田庄平が先輩芸人の悪口を言ったと話題になっている。

    番組は天才小学生が開発したロボットを紹介し、流れでスタジオにも「AI機能搭載『お友達ロボット』」が登場することに。松尾駿が扮するMA-20が現れ、長田の秘密を暴露していく。

    最初に、「長田さんはYouTubeでバズらせるなんて、お安い御用だと最近よく言っています」と明*と、
    続けて「YouTubeで有名な先輩のことをバカにしています」と暴露。長田が苦笑いを浮かべると、放送上では音声加工されたが「先輩」の実名も挙げたのだった。


    他人の威を借るあのYouTube芸人か…

    長田は「ややこしいこと言うなって! バカかお前!」と大焦り。すると視聴者からは

    《宮迫かな?》
    《誰のことだ》
    《だいぶ限られる》
    《誰だw》
    《カジサック? 宮迫?》

    など、先輩を特定しようという書き込みが続出した。
    果たして、長田が嫌っている相手とは…。

    「十中八九、カジサックとして活動している『キングコング』の梶原雄太でしょう。今回は名前が伏せられていましたが、長田は昨年、『有吉の壁』(日本テレビ系)の大喜利で『カジサックチャンネルには出たくない』と堂々と回答しています。理由は『ギャラが良くないから』とのことでしたが、梶原のチャンネルは芸能人・ユーチューバーとのコラボなど、他人の威を借るような企画ばかり。そのため、独創的なキャラや設定で勝負する長田は、内心『くだらない』と見下しているのでは」(お笑いライター)


    現に、瑛人の『香水』をパロディーした動画で、再生回数3000万回超えの大バズリとなっている長田。
    カジサックのようなやり方を見下していても不思議ではないだろう。


    https://myjitsu.jp/archives/204296


    【【芸能】『チョコプラ』長田が先輩芸人に暴言か… 「YouTubeで有名な先輩のことをバカにしています」と暴露される!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!】の続きを読む




    (出典 www.sankei.com)

    スポンサーが不安を示している

    不倫スキャンダルで、芸能活動を自粛中の芸人・渡部建(48歳)が再び世間を騒がしている。

     11月16日、年末特番『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで! 』(日テレ系)の「笑ってはいけない」シリーズに渡部が復帰出演するとネットメディアが報じたのだ。

     「すべて事実です。渡部の復帰計画は極秘裏に進められていました。出演者が驚く画が欲しかったので、番組プロデューサーなど一部を除いて、ほとんど知らされていなかった」(日テレ関係者)

     今年は、新型コロナの感染拡大によって大規模なロケができない。そのため、10月から日テレの生田スタジオで数回に分けて収録が行われていたという。

     「渡部の収録が行われたのは18日です。ただ、事前の報道があったことで松本人志(57歳)など出演者のリアクションは芳しくありませんでした。

     その上、渡部の復帰出演が表沙汰になってから、視聴者から『復帰は早すぎる』といったクレームまで入るようになったんです。

     この事態にスポンサーは不安を示しているようで、12月に予定されていた渡部の追加収録は流れてしまいました。いま制作陣は、収録済みのシーンを放送で使うべきかどうか頭を悩ませていますよ」(同)

     渡部にとっては本当に笑えない年越しとなることは間違いない。

     『週刊現代』2020年12月5日号より

    https://news.yahoo.co.jp/articles/6d54b82d90cdeeec3b0db09cd1cf7a540fa35853

    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)


    ★1 2020/12/06(日) 08:03:11.41
    前スレ
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1607209391/


    【【衝撃】渡部建の ”年末『ガキ使』で復帰” に、日テレが「大パニック」の裏事情!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!】の続きを読む

    このページのトップヘ