井戸端news

芸能ニュース全般をまとめたエンタメブログです。気になる話題をいろいろ取り上げ、毎日更新して行きます!(^^)!

    カテゴリ: 芸人


    ヒロシ(1972年1月23日 - )は、日本のお笑いタレント、漫談師、俳優、ベーシスト、YouTuber、社長。本名、齊藤 健一(さいとう けんいち)。 ヒロシ・コーポレーション所属。 熊本県荒尾市出身。 九州産業大学商学部商学科卒業。 身長175cm。体重70kg。 血液型O型。
    58キロバイト (8,659 語) - 2020年12月2日 (水) 23:32




    (出典 news.nifty.com)

    12/2(水) 6:15
    東スポWeb

    ヒロシの「ソロキャンプ」流行語大賞受賞が〝危険視〟されるワケ
    「ソロキャンプ」で流行語大賞トップ10に選ばれたヒロシ
     お笑い芸人で、ユーチューバーとしても活躍するヒロシ(48)が周囲に心配されている。その年話題になった新語・流行語を決める「現代用語の基礎知識選 2020ユーキャン新語・流行語大賞トップ10」の発表・表彰式が1日に都内で行われた。年間大賞には「3密」が選出。トップ10には「ソロキャンプ」も選ばれ、今や〝1人キャンプ〟の代名詞ともいえるヒロシが登壇したが、関係者によると再びスポットライトが集まることは〝危険〟だという。そのワケとは――。

     新型コロナウイルス一色だった2020年。ノミネート30語の中からトップ10に選ばれたのは「愛の不時着」「あつ森(あつまれ どうぶつの森)」「アベノマスク」「アマビエ」「オンライン〇〇」「鬼滅の刃」「Gotoキャンペーン」「3密」「ソロキャンプ」「フワちゃん」だった。

     選考委員の姜尚中・東京大学名誉教授は「コロナに始まり、コロナで終わった1年だった。当然コロナ関連のオンパレードにならざるを得ない。『愛の不時着』や『鬼滅の刃』などがトップ10入りしたのは、息の詰まりそうな閉塞感の中で人はエンタメを求め、ロマンを渇望していることを示している」と評した。

     年間大賞にはコロナ関連の「3密」が選ばれた。毎年何かと物議を醸す新語・流行語大賞だが、今年は順当な選考で落ち着いた。

     そんな中、久しぶりに報道陣の前に姿を現したのが「ソロキャンプ」で受賞したヒロシだ。

     ユーチューブチャンネル「ヒロシちゃんねる」では、1人で淡々とキャンプする内容が人気を集め、登録者102万人、視聴回数100万回を超える動画を複数抱えている。

     受賞の感想を聞かれると「ソロキャンプが選ばれたということで、ヒロシが選ばれたわけではないですが、代表として呼んでもらって感謝しています。17年前、ヒロシとして売れたんですけど、ここに立つことはなかった。なんで今さらだと。芸人をあきらめて遊びに専念していたら、ここに呼ばれたわけで、複雑な心境ではありますね」と苦笑した。

     ヒロシと言えば、03年ごろから「ヒロシです…」から始まる独特の自虐ネタで大ブレーク。ところが09年以降、仕事が激減した。その後、15年にユーチューブチャンネルを開設し、かねて趣味だったソロキャンプの動画を公開すると人気に火が付き、今や〝時の人〟となっている。

     テレビ関係者の話。

    「堀江貴文やキンコン西野亮廣の本を読むなどして、ネット世界を勉強していたようです。ただ、いろいろ試行錯誤していたのは事実。ユーチューブ前にやっていた、ネット配信番組『ヒロシのわくわく放送局』は毎週3人しか見ない〝黒歴史〟になっています(笑い)」

     それでも、ユーチューブ参入は成功と呼ぶしかない。それを契機に、著書はベストセラーとなり、テレビにイベントに引っ張りだこ。ついには新語・流行語大賞を受賞するという、見事な〝V字回復〟を成し遂げた。

     だが、あるお笑い関係者は今のヒロシをこう危惧する。

    「ヒロシは極度の人見知りなんですよ。芸人時代も一切派閥を作らなかったし、コミュニケーションを築けないから、先輩後輩かかわらず、みんな『さん』付けして距離をとっていたほど。飲み会なんて地獄だったそうです。だからこそ、1人ぼっちのソロキャンプがハマったんですが、あんまりスポットライトを浴びすぎると、精神的に病むんじゃないかと心配しているんですよ」

     たしかにヒロシは過去、一時パニック障害となり、自殺寸前までいったことを明かしている。それだけに「無理はしてほしくありませんね」と同関係者。

     この日も「人が多いのが苦手で、1人になりたくて山にいった」と話したヒロシ。スポットライトが当たる〝下界生活〟中心にならない方がいいのか…。


    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)


    https://news.yahoo.co.jp/articles/9be1549c2b9ab7c8a90c4a58cc14cb31627b087e


    【【芸能】ヒロシの「ソロキャンプ」流行語大賞受賞が危険視されるワケ !!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!】の続きを読む



    (出典 dot.asahi.com)



    1 豆次郎 ★ :2020/12/03(木) 20:21:45.97 ID:CAP_USER9.net

    12/3(木) 20:19
    配信
    デイリースポーツ
    渡部 トイレ呼び出し女性らへの愛情「ありません。行為に及んだのは反省」

     複数女性との不倫問題で6月から芸能活動を自粛している、アンジャッシュ・渡部建(48)が3日午後7時から、都内で会見を開いた。問題発覚後、妻の佐々木希(32)がSNSで、相方の児嶋一哉(48)がラジオ番組で騒動を謝罪していた。渡部本人が公式の場で問題について説明するのは今回が初めて。

     黒スーツにフェイスシールド姿で現れた渡部は、「不適切な場所での不貞行為。大変、申し訳ございませんでした」「最低な行為でした」と謝罪の言葉を述べ、深々と20秒以上、頭を下げ続けた。妻の佐々木の様子について、問題を伝えた当初は「ものすごく取り乱していました」と語った。

     「生き方を、女性に対する接しかたを間違えていた」と反省。

     六本木の多目的トイレに呼び出していた女性を含めた不倫相手女性らに対する愛情については「大変もうしわけないんですが、そういった気持ちはありませんでした。そういった方と行為に及んでいたのは、深く反省しています。僕のいたらないところです」と語った。

     現在、相手とは「連絡はとっていません」とした。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/e3a36bdf9fe7b95386b61a5e57ff8c8dbca1c833


    【【衝撃】渡部 トイレ呼び出し女性らへの愛情「ありません。行為に及んだのは反省」!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!】の続きを読む


    ラーメンズは、日本のお笑いコントユニット。1996年結成。 小林 賢太郎(こばやし けんたろう、1973年4月17日 - ) 身長182cm、体重70kg、血液型A型。劇作家、演出家、パフォーミングアーティストとしても活動している。 片桐 仁(かたぎり じん、1973年11月27日 - )
    36キロバイト (4,820 語) - 2020年12月1日 (火) 06:56




    (出典 i.ytimg.com)

    12/1(火) 14:17
    オリコン
     
     お笑いコンビ・ラーメンズで演出家としても活動する小林賢太郎が11月16日をもって芸能活動から引退したことを1日、所属事務所を通じて発表した。

     書面では「弊社所属タレントの小林賢太郎が2020年11月16日をもって芸能活動から引退し、弊社から離れましたことをご報告致します」と伝え「今までご支援いただきましたファンの皆様方や関係者の皆様には心より感謝申し上げます」と記した。

     続けて「平成31年頃より本人から2020年末をもって、全ての表舞台から引退したい旨の相談がありました。この素晴らしい才能を引退により終わらせる事を弊社としても容易に認めがたく、何度か話し合いを重ねてきましたが、本人の強い希望により引退の運びとなりました」と説明。

     「本来は『力ジャラ第5回公演』が最後の舞台の予定でしたが、コロナウィルス感染防止のために中止になり、『うるう』が最後の舞台となりました。今後、小林賢太郎は全ての表舞台から引退しますが、執筆活動などの裏方仕事で皆様と御一緒させて頂きますので、これからも今までと変わらぬ御指導、御鞭達の程よろしくお願い申し上げます」とした。

     最後は「ラーメンズ本公演を熱望されていたお客様につきましても、こうした結果になり、ご希望に添えない事を深くお詫び申し上げます」とつづり「尚、小林賢太郎の著作権の管理・運営をするために設立しました、株式会社スタジオコンテナは解散となります事もあわせてご報告致します」と結んだ。

     相方の片桐仁もコメントを発表。「相方の小林賢太郎がパフォーマーを引退することになりました。最初は本当にビックリしましたが、理由を聞いて納得しました。本人が考えて考えて、決めたことですからね」と胸中を吐露し「今の僕がいるのも、学生時代にお笑いの世界に誘ってくれた賢太郎のおかげです。相方には感謝しかありません」と記した。

     「10年以上もラーメンズの本公演を心待ちにしていた皆様、フェードアウトみたくなって、大変申し訳ありません」と詫びつつ「ですが賢太郎は今後も創作活動は続けるそうです。いろいろ新しいことを考えているようなので、楽しみにしていてください。そして、片桐仁の役者、芸人活動、アーティスト活動は、今後も変わらず続きますので、そちらもどうぞよろしくお願いします」とメッセージしている。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/91a81879b4b77b7edf8ef9f2062152fbda186d37


    【【衝撃】ラーメンズ・小林賢太郎、芸能界引退 相方・片桐仁「感謝しかありません」!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!】の続きを読む


    霜降り明星(しもふりみょうじょう)は、せいやと粗品からなる日本の男性お笑いコンビ。吉本興業東京本部所属。略称は『霜降り』。NSC大阪校33期と同期扱い。2018年『M-1グランプリ』14代目王者。お笑い第七世代の発端となったコンビであり、ミキ、ハナコ、四千頭身、EXIT、宮下草薙などと共にお笑い第七世代の代表格。
    35キロバイト (4,159 語) - 2020年11月19日 (木) 13:21




    (出典 portal.st-img.jp)



    1 湛然 ★ :2020/11/30(月) 05:13:09.69 ID:CAP_USER9.net

    霜降り・せいや骨折、番組収録で「オレが殴ってくれって」
    2020/11/30 03:16 Written by Narinari.com編集部
    https://www.narinari.com/Nd/20201162694.html

    (出典 cdn.narinari.com)



    お笑いコンビ・霜降り明星のせいや(28歳)が、テレビ番組の収録で骨折したことがわかった。同コンビのYouTube公式チャンネル「しもふりチューブ」で報告している。

    せいやは11月24日と25日に更新した動画で「しゃべるだけで痛い」「骨折れてるかもしれん」「しんど過ぎる」と、思うように動けないほど、胸の付近が痛いと訴え、その理由を「(番組収録で)思いっ切りバチンって殴られたんですよ。オレが殴ってくれって言った演出なんで、全く誰も悪くないんですけど。そこからずっと痛い」と説明。あまりに痛いことから、病院に行くことになった。

    そして11月29日に更新した動画では、病院から戻ってきたせいやが診断結果を公開。病院での診断は肋骨骨折(肋軟骨骨折)で、せいやは「(テレビの)本番中にちょっと、収録で、お笑いやりすぎて。肋骨折れちゃった」「一週間くらい痛い痛いと思ってたんですけど、この職業柄、やっと病院に行けたんで。やっと判定が出まして、骨が折れてました」と報告している。


    【【衝撃】霜降り・せいや骨折、番組収録で「オレが殴ってくれって」!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!】の続きを読む


    田村 (たむら あつし、1973年〈昭和48年〉12月4日 - )は、日本のお笑いタレント(吉本興業所属、ロンドンブーツ1号2号)、司会者、作家、ラジオパーソナリティ、YouTuber、会社経営者(株式会社LONDONBOOTS代表取締役、株式会社がちキャラ取締役会長、株式会社itakotoCEO
    43キロバイト (6,124 語) - 2020年11月14日 (土) 15:05



    (出典 news.mynavi.jp)



    1 フォーエバー ★ :2020/11/26(木) 20:34:33.72 ID:CAP_USER9.net

    11月24日、ロンドンブーツ1号2号の田村淳がYouTubeチャンネル「ロンブーチャンネル」を更新。同日放送された「グッとラック!」(TBS系)での“おでんは手抜き”発言に関して釈明したが、それでもネット上には厳しい意見が数多く寄せられている。

     淳は出演する朝の情報番組「グッとラック!」で話し足りなかったことをYouTubeチャンネルにて「もっとグッとラック!」として配信しているが、この日の配信では番組で議論した「おでんはおかずになる派?」について取り上げ、「僕が『グッとラック!』の放送中に、家でおでんが出されたら『あぁ母ちゃん忙しかったんだな』って思う」と言ったところ、「おでん舐めんじゃねぇよ」「おでんの下準備どんだけ大変だと思ってるんだよ」「おでんのこと何にも知らねぇな」などなど、辛辣なコメントが相次いだことを明らかにした。

     これに「僕はおでんはチャチャチャっと作れちゃうんで、いつもの晩ごはんに比べて今日は忙しかったんだなって思う、田村家においてはですよ」と淳。しかし、「まぁ、そんなに手が込んだ…とは思えないですね。もう、切って入れるくらいの感覚なんで。またこんなこと言うと、『おでん舐めんな!』って人はいるでしょうけど、僕の感覚としてはそうです」と、結局はおでんは手抜きであると結論づけていた。

     そのため案の定、ネット上では《普通におでんを作るのは手間だけどな。田村家のおでんは既製品を温めるだけなのか?》《そんなに凝ったおでんじゃなくても、大根の面取りやこんにゃくの下茹で、ゆで卵を作ったり、チャチャチャっとなんて絶対作れないよ》《普段、家事をしない人が家事について余計なことを言わない方がいい》《自分の家では手抜き料理かもしれないが、他の家では違うんだからテレビでそんなことを言うこと自体間違ってる》など、輪をかけて反発の声が上がる事態を呼んでいる。

    「淳はYouTubeでは“自分の場合は”“手の込んだ美味しい店も知っている”とフォローしていましたが、世間一般で言う“手抜き料理”“チャチャッと作れる”と言えば、冷凍やレトルト食品が当てはまるという人も多いことから、視聴者はズレを感じるのかもしれません。それ以前に、『グッとラック!』での発言について言えば、芸能人として自分の感覚を放つのは構いませんが、情報番組のメインコメンテーターとしては発言に“配慮”が足りない。今回、YouTubeで何だかんだと言いながら結局持論を変えなかったことで、余計に反発を買った格好です」(エンタメ誌記者)

     いずれにせよ、その発言は常に注目されているということか。

    2020/11/26 15:40
    https://news.nicovideo.jp/watch/nw8532141?news_ref=50_50
    ★1:2020/11/26(木) 17:16:53.35 前スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1606382981/

    (出典 i.imgur.com)


    【【衝撃】田村淳「おでんは切って入れるだけ」発言で批判殺到した世間との“ズレ”!!!!!!!!!!!!!!!!!!】の続きを読む

    このページのトップヘ