井戸端news

芸能ニュース全般をまとめたエンタメブログです。気になる話題をいろいろ取り上げ、毎日更新して行きます!(^^)!

    カテゴリ: 国内ニュース



    NO.9760211
    甲子園また雨天順延、過去最多6度目…決勝は29日
    甲子園また雨天順延、過去最多6度目…決勝は29日
    兵庫県西宮市の甲子園球場で開かれている第103回全国高校野球選手権の大会本部は18日、天候不良のため、予定していた1、2回戦の3試合を19日に順延すると発表した。決勝は29日となる。順延は6度目で、本部などによると、雨で5度順延した1975年の第57回大会を上回り、過去最多となった。

    今大会は台風9号の影響で9日の開幕日が1日遅れ、天候不良により12日から3日連続の順延となるなど、大会日程がずれ込んでいる。神戸地方気象台によると、球場のある兵庫県南部は19日も雨が続く可能性があるという。21日以降は天候が回復する見込み。

    【日時】2021年08月18日 11:20
    【ソース】読売新聞

    【甲子園また雨天順延、過去最多6度目…決勝は29日】の続きを読む



    NO.9741722
    飲酒打ち上げのテレ朝女性局員「危険な5メートル飛び降り」の謎…トラブル説も浮上
    飲酒打ち上げのテレ朝女性局員「危険な5メートル飛び降り」の謎…トラブル説も浮上
     いったい、なぜ…。テレビ朝日の東京五輪番組を担当した20代女性局員が東京・渋谷のカラオケ店から転落して左足を骨折した問題で、事故現場となったカラオケ店側が11日、釈明コメントを発表した。一連の騒動を検証すると、女性局員が高さ5メートルから危険すぎる飛び降りを試みことが浮かび上がってきた。

     テレ朝の五輪番組担当スタッフ10人が閉会式直後の8日夜から9日明け方まで、東京・渋谷のカラオケ店の6階の部屋で打ち上げの飲み会を開き、20代女性局員が帰ろうした際に〝事件〟が起きた。

     9日午前4時前、女性局員は同店の1階出入り口に行ったものの、ドアのカギが閉まっていると思い込んだとみられ、中2階の踊り場へ。そこから外へ飛び降りて帰ろうとした。だが、酒に酔っていたため着地に失敗。左足を骨折する重傷を負い、都内の病院に緊急搬送された。

     打ち上げの店は「カラオケパセラ渋谷店」だった。

     運営元は11日、声明を発表。「弊社施設カラオケパセラ渋谷店において、外階段踊り場(1階と2階の中間の踊り場)から飛び降り、怪我をされた方がいらっしゃいました」と報告した上で謝罪した。焦点の1階出入り口ドアの施錠については、「各階から外階段及び1階公道への避難路の安全確保に問題はございませんでした」と説明。つまり、客は通常通り、1階から出入りできたというのだ。女性局員が飛び降りた経緯は「関係部署が現在調査中」とした。

     これでは、女性局員がなぜ1階ではなく、わざわざ中2階から帰ろうとしたか、謎が残るが、一部ではトラブル説も浮上している。

    「..
    【日時】2021年08月12日 05:15
    【ソース】東スポWeb

    【飲酒打ち上げのテレ朝女性局員「危険な5メートル飛び降り」の謎…】の続きを読む



    NO.9742859
    河村たかし市長、金メダル交換費用は「個人でね、当然負担させて頂きます」…JOC山下会長から「指導」
    河村たかし市長、金メダル交換費用は「個人でね、当然負担させて頂きます」…JOC山下会長から「指導」
    名古屋市の河村たかし市長が12日、会見を開き、東京五輪ソフトボール日本代表メンバーで名古屋市出身の後藤希友投手の金メダルを突然かんだ問題で、金メダルの交換について「出来る限り後藤選手の意向に沿った形で対応して頂きたい」と意向を話した。交換にかかる費用は「個人で負担させて頂きます」とした。

    河村市長は会見冒頭で「基本的に行き過ぎた発言がありまして、ご不快な思いをさせまして大変申し訳ありませんでしたと、深く反省をしております」と後藤選手に謝罪。

     「私の発言の次の日に山下JOC会長の指導を頂きまして後藤選手本人、ソフトボール協会に謝罪文を出してまして、謝罪文は届いているということであります。現在は山下さんからの指導を待っているということでありまして」と明かし、今後のメダルの交換などの対応について「とにかく出来る限りというか、後藤選手の意向に沿った形で対応して頂きたいとお願いをしている所であります」と話した。

     交換にかかる費用には「私も河村たかし個人で負担というか、どういう言い方がいいのか、出させて頂きたいのですが、と。ちょっと“てにをは”はちょっとあれですけど」とし、現在の状況について「山下さん本人に言いましたが、そこのことは決まっていないので、ご本人のお話ですが。山下会長も後藤選手の意向に沿った形でということを言っていましたけど。あとは山下会長にお任せをしておると、ご指導を待っておると、そういう風に言ってくださいということでした」と語った。

     質疑応答で費用に関して聞かれると「はっきり決まっていないと。それは..
    【日時】2021年08月12日 13:25
    【ソース】スポーツ報知

    【河村たかし市長、金メダル交換費用は「個人でね、当然負担させて頂きます」…JOC山下会長から「指導」】の続きを読む



    (出典 pbs.twimg.com)



    1 爆笑ゴリラ ★ :2021/08/11(水) 12:03:56.82 ID:CAP_USER9.net

    8/11(水) 9:06
    日刊ゲンダイDIGITAL

    福原愛が堂々の五輪解説で不倫スキャンダル&離婚から大復活! タレント転身でも前途洋々
    福原愛(C)日刊ゲンダイ
     今回の東京五輪で注目された解説者のひとりが元五輪メダリストの福原愛(32)だった。福原は「卓球 混合ダブルス決勝」(7月26日OA=フジテレビ系)の解説者としてスタジオから生出演。晴れやかな表情で存在感抜群だった。

    「往年の“愛ちゃんスマイル”でスタジオに花が咲いた感じだった。解説は的確で冷静、かつ堂々としており、MCの関ジャニ∞の村上信五が*んでしまうほど」(スポーツ紙記者)

     福原といえば、7月8日に元台湾代表卓球選手・江宏傑(32)とすったもんだの末、離婚を発表したばかり。突如、画面に登場した福原に芸能マスコミは沸き立ったが、その後も福原は息つく暇もなく、「女子シングルス準決勝 男子シングルス準決勝」(7月29日OA=テレビ東京系)、「男子団体」(8月2日OA=フジテレビ系)に立て続けに出演した。

    「7月29日に発売された雑誌『Number』ではインタビューに登場し、団体女子の決勝戦に対し独自の意見を披露していた。とにかく不倫や離婚などのドタバタをおくびにも感じさせない強心臓は注目に値します」(前出の記者)
    フジテレビが全面バックアップ

     結果的に団体女子は中国に敗れ、銀メダルに終わったが「福原の未来は前途洋々ですよ」と話すのはスポーツマネジメント会社関係者だ。福原はフジテレビの全面バックアップを受け、タレントとして復活すべく準備を進めているというのである。

    「『めざましテレビ』『めざまし8』『バイキングMORE』『ワイドナショー』などでインタビュー出演してもらうことを調整中だそうです。さらに老若男女から知名度と好感度の高い福原が数字を持っていることは確実なので、浜田雅功がMCの『ジャンクSPORTS』や年末年始特番にも起用したい考えのようです」(前出の関係者)

    「女性自身」では、オリンピックの解説者のギャラは五輪出場経験者でも通常10万~15万円だが、フジの福原は拘束時間が長かったこともあって、1日100万円だったと報じて話題になったが、フジがここまで福原を推す理由は意外にも単純なものだった。

    「福原は幼少時代からフジの取材を受けていて、スポーツ局のスタッフとは顔なじみなんですよ。バラエティーにも何度も出演していて、他局とは信頼度が違います。あと、大手広告代理店がバックについていてそのままスポンサーを持ってこられる。フジにとっては、まさに一石三鳥というべき状態なんです。今後もフジは卓球教室のPRなど全面協力を惜しまないそうです」(前出の関係者)

     日本中が子供の頃から知っている卓球愛ちゃん。不倫スキャンダル発覚からの離婚劇をまるで親戚のような気持ちで同情的に見ていた人は多かっただけに、五輪での卓球日本の快挙とともに愛ちゃんスマイル復活も喜ばしい。 


    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/71506aa05f0864cef7b4c5131fcfdd2b5a62b443


    【【芸能】福原愛が堂々の五輪解説で不倫スキャンダル&離婚から大復活!!】の続きを読む



    (出典 euphoric-arts.com)



    1 爆笑ゴリラ ★ :2021/08/11(水) 07:27:57.02 ID:CAP_USER9.net

    8/11(水) 5:15
    東スポWeb

    五輪クビの小林賢太郎氏 “復活” に光明 小山田圭吾とは異なる「期待値」
    小林賢太郎氏(2000年)
     元ラーメンズ・小林賢太郎氏(48)の〝復帰〟はいかに―-。

     過去最多のメダルラッシュに沸いた東京五輪。結果的に多くの国民を歓喜させたが、開幕直前でドタバタ劇が繰り広げられたのが開会式だった。

     音楽担当のミュージシャン・小山田圭吾の過去のいじめ自慢が発覚し、辞任。さらに、演出担当の小林氏も過去にユダヤ人大虐殺(ホロコースト)をコントのネタにしたことが原因で解任された。

     小山田の影響は五輪にとどまらず、所属バンド「METAFIVE」の新アルバムが白紙になり、ラジオのレギュラー番組も中止に。楽曲制作を担当したNHK Eテレの「デザインあ」なども放送を見合わせており、予定していたフジロック出演も中止となった。

     国際的な問題になり〝辞任〟より厳しい〝解任〟となったのが小林氏だ。昨年11月に芸能界から引退を表明し、執筆や演出家など裏方に専念してはいるが、小林氏への仕事のオファーを出しづらい状況なのは間違いない。

     復帰の道は険しいことも予想されるが、10月29日から全国順次公開されるドキュメンタリー映画「場所はいつも旅先だった」が今後を左右しそうだ。

    「小林氏はこの映画で朗読を担当していますが、落ち着いた語り口で映画関係者からすごく評価が高いんです。予告編を見たファンからは『小林さんじゃないなら見ない』という声が出ているほど。五輪のように国の税金が投入されたものでもないですし、小林氏の実力を改めて感じてもらえる作品になるのではないか」(映画宣伝関係者)

     同映画はクリエイティブディレクター、エッセイストの松浦弥太郎氏の初監督作。同氏が2019年に米サンフランシスコなど5か国6都市を旅し、その様子を映画としてまとめあげたものだ。小林氏も同映画の公式サイトに監督の手腕を評価し、感謝するコメントを寄せている。

     小林氏は帰ってくる場所がありそうだ。


    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/d6ba007fc0fc9a168e6959c8d5c31c993d04979e


    【【芸能】五輪クビの小林賢太郎氏 “復活” に光明 小山田圭吾とは異なる「期待値」】の続きを読む

    このページのトップヘ